BL小説

おすすめのBL小説をプレゼンしてください。

読んだことがあるのは丸木文華さんのほとんどと木原音瀬さん数冊です。
最近の好みとしては、木原さん作のようにゆっくり丁寧なつくりの長編よりも、文庫などで読み進む手が止まらないようなテンポの良い話の方が私に合っているみたいです。

ストーリー・シチュとしては
・社会人以上
・両片想い
・すれ違い
が好みですが、いろいろ読んでみたいので上記以外でも教えてもらいたいです。

過度のグロ・スカトロ系・当て馬系は苦手なので一言添えていただけると助かります。
よろしくお願いします。
  • 投稿日時 : 2016-02-12 22:56:36
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7116-078641
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-02-13 10:42:06
1
おおらかで人たらしな新鋭デザイナー(ノンケ)×寂しがりのクセに毒舌な美貌のトップモデルの話です。


こちらは大学生同士ですが、元パシリで残念な(実は)イケメン×俺様(実は)ツンデレな新人俳優の話で、双方の想いが笑えるくらいのすれ違いっぷりです。

  • kitkityoさん kitkityo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-02-13 21:29:09
「愛しのいばら姫」いいですよね。うるうるできゅんきゅん。スピン元の「365+1」も好きですが、こっちの方が好きです。本当に凪良先生っていいですよね。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-02-13 21:30:10
2冊のおすすめありがとうございます。
凪良さんは散る散る~を読もうかなということで覚えていた作家さんでした。いつも作家読みなのでこの2冊も早速読みたいリストに入れようと思います。
ツンデレ受けは好きなので2冊とも楽しめそうです!

ありがとうございました。
1
私もテンポの良い話を好みますv
木原音瀬さんの作品は…
私は苦手です。痛すぎて読めない。ファンなら申し訳ないです。

文字数制限あるので貼り付けでもうしわけないですが、
私的おすすめBL小説リスト (ブクログ)

http://booklog.jp/users/kokeisi

ほとんどが攻めが受けだけを昔からずっと一途に執着、溺愛しているものです。
タグの「すれ違い」のものがおすすめです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-02-13 21:35:55
あれ…某袋でいろんな人のおすすめを拝見してるときによく見かけていた人か…?!
リストを拝見しようと思っていたのをすっかり忘れていたので助かりました。
タグ管理されているのでとても便利ですね。ありがとうございます。(フォローさせていただきました)

我儘を言えば、リストの方がかなりボリューミーだったので、特におすすめのものを2~3冊挙げてもらえると嬉しいです。厚かましくてすみません。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-02-14 20:06:00
早速のおすすめありがとうございます。
特にと推してくださったものからジワジワ攻めていきたいと思いますm(__)m
たくさん読んでいきたいのでもちろん本棚の方も参照させていただきますね!
0
何度読んでも泣いてしまう私の泣きツボオススメ作品です。ノベルスでも文庫でも電子でもBLCDでも泣きました。

木原さんなら断然これ。ノベルスでもBLCDでも舞台版DVDでも泣きました。


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-02-13 21:26:22
おすすめありがとうございます!
実は木原さんの読んだことある本がこの2冊で、まったりしすぎたテンポに期待外れだったりしました…(レビューを読んで期待しすぎたというのもあります)
ストーリー自体はとてもよかったのでテンポだけが自分に合わないなあという感じでした。

散る散る、満ちるの方は今度読んでみようと思っていたので、背中を押された気がします。
早速読んでみようと思います!ありがとうございました。
全3件中 1 - 3件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする