【見つかりました!】ドーナツのようになんでも穴の数になってしまう世界から自分の猫を見つけ出す絵本

友人が幼少のころに読んだ絵本で読み返したいと探しているそうなのですが、タイトルも作者も不明とのことで目星をつけることさえ難航しております。
もしどなたかお心当たりがありましたら教えてくださいませんか……。

以下が絵本の情報です(友人談)
・取手のあるコーヒーカップだったら持ち手の部分が穴になっているので、穴の数は一つ。ハサミだったら穴は二つ、という世界なので、色や若干の特徴は残っているものの、元の形が分からない不思議な世界。
・白猫のような特徴のものをいくつか絞って、口からお尻までで1つのドーナツ形のものを「自分の猫だ」と主人公は言うが違って、結局穴が3つ連なっている形(鼻と口で3つ)のものが正解だった、という絵本です。
・縦長の薄い絵本で、シリーズものの一つだったと記憶がある……

ブクログユーザー様のお力をお貸しいただけたら幸いです。よろしくお願い申し上げます~!
  • 投稿日時 : 2016-09-21 23:51:00
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7323-081268
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-09-30 20:38:09
瀬山士郎/文 タイガー立石/絵『ぐにゃぐにゃ世界の冒険』…でしょうか?
  • あけぼ乃さん あけぼ乃 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-10-01 00:11:44
回答をくださった名無しさまありがとうございます!
Amazonで書影を本人に確認してもらったところ
「この本で間違いない……幻じゃなかった!」と喜んでおりました;;
長年気になっていながら本人も半ば諦めていたようでしたので、幼い頃に触れた作品を再び出会えるきっかけを与えてくださり本当にありがとうございました!
全1件中 1 - 1件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする