経済学の入門書おすすめ

「大統領選の結果を受けて株価が下落」というニュースが街を飛び交っています。

先行き不透明→株を売る人増加→株価下落

理屈は理解しているつもりですが、なんとなくしっくりきません。先行き不透明でもみんなが売らなければ株価は下がらず損もしないのでは?なのになぜ売るのでしょう?それが投資というものなのでしょうが、やはり腑に落ちません。為替にしても...

先行き不透明→ドルを売って円を買う人増加→ドル安円高→日本の輸出業にダメージ

というのはなんとなくふわふわわかるのですが、理解が高校の丸暗記政治経済のまま進歩していないような。

経済のしくみをストンと理解できる本、なんてあったらうれしいのですが、みなさんのおすすめの経済学入門書をおしえてください。

身銭をきって株なり為替なり取引をして勉強もしてみたい(まとまった資本がないのでいつかですが)。投資入門書のおすすめもありましたらぜひ併記ください。
  • 投稿日時 : 2016-11-10 12:05:46
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7346-081552
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-11-23 14:05:54
1
株価や為替などの投資に関する入門書ならば、以下がおすすめです。本書は投資に対して「前のめり」ではなく、保守的なスタンスなので、これから投資を始めようとする人にも適しているかと思います。

  • 回答No.7346-081493
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-11-11 21:46:52
1
先行き不透明な時になぜ株を売るのか、という疑問には、行動経済学の本が参考になるかもしれません。


為替や貿易については、マクロ経済学ですね。

  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2016-11-11 22:15:32
「行動経済学」という領域は未知なので、とても気になります。挙げていただいた3冊とも読みやすそうなのでわたしにぴったりです。回答ありがとうございます!
全2件中 1 - 2件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする