昔読んだ本を探しています

昔読んだ本を探しています。
図書館の児童書やYAのコーナーで見かけた本です。
大きさはハードカバー(単行本サイズ)です。
多分翻訳された小説だったと思います。
2012年以前に発売されている可能性が高いです。
ダークファンタジーだった印象があります。

冒頭は
自分(主人公?)が生まれた日は嵐のすごい日だった。
族長はそんなこと○○(村に伝わる英雄の名前。覚えていません)だってできないって言っているが、自分は自分が生まれた日のことを覚えている。

といったような内容で、途中の記憶がさっぱり抜けています。

最後は、主人公?が何らかのもの(覚えていないです)に何かを救うための解決策として自ら閉じ込めてしまうという内容です。
そのことについて主人公は納得しています。

おぼろげで申し訳ないのですが、御存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。
お願いいたします。
  • 投稿日時 : 2017-02-18 00:39:03
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする