日本古典文学の名作

日本の古典文学で「これは読んでおくべき」という作品はありますか?
平安~鎌倉にかけてのものだと嬉しいです。
  • 投稿日時 : 2017-03-23 00:31:40
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
「とりかへばや物語」。
氷室冴子「ざ・ちぇんじ」のもととなったことでも知られる古典で、男女入れ替えドラマのまさに原型といえる作品です。



「日本霊異記」。
8Ⅽ末の仏教説話。「今昔物語」のモデル。日本版イソップとでも言おうか、不思議系昔話です。


  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-03-29 14:01:05
アドバイスありがとうございます。
この2作品は読んだことがないので、ぜひ挑戦しようと思います。
0
このシリーズに収録されている作品を目安にするのも一つの方法かと思います。読む時はぜひ大人向けのもので。

すでに、「源氏物語」「伊勢物語」が挙げてありますが、とりあえずこの二作品が基本と思います。
他に『平家物語』『枕草子』『徒然草』『方丈記』など。
ついでに『和泉式部日記』『蜻蛉日記』『とはずがたり』といったところです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-03-29 14:03:00
アドバイスありがとうございます。
私は歌物語や日記文学が好きなので、このシリーズを参考に探してみようと思います。
  • 回答No.7451-082566
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-03-23 20:15:48
1
「古今和歌集」や「伊勢物語」も捨てがたいですが、やはり「源氏物語」ですね。これほど後世に影響を与えた作品はありません。

難しければ、ビギナー本や漫画でも。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-03-23 20:19:01
桐壺巻からだと挫折しやすいので、粗筋を頭に入れてから、賢木巻や紅葉賀巻を読むと面白いと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-03-24 14:13:43
回答ありがとうございます。
やはり源氏物語はマストなんですね。私は円地文子訳のものをひととおり読んだだけなのですが、この機会にもう一度源氏に向き合ってみたいと思います。
アドバイスをいただき、本当にありがとうございました。
全3件中 1 - 3件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする