木原音瀬先生の魅力とは?

BL界の巨匠、木原音瀬先生の本を少しずつ集めて読んでいます。
BLは家族に内緒でこっっそり読むのですが笑、木原先生のは感動してついつい人に薦めたくなる物が多いです。
sexシーンさえ無ければ!...いやでも実際無いと物足りないのかもしれません笑。エロスも重要です笑。
でも木原先生の魅力はやはり人間ドラマというか、平凡かそれ以下の性悪が、なぜか愛しく感じられてしまうところだと思います。
どうしてあんな物語が作れるのかとても不思議です。
木原先生の魅力はどんなところだと思いますか?

因みに今のところ1番好きな作品は箱の中&檻の外です

箱の中 (Holly NOVELS)

木原音瀬 / スコラマガジン(蒼竜社) / 2006年3月23日

檻の外 (Holly NOVELS)

木原音瀬 / スコラマガジン(蒼竜社) / 2006年5月25日
  • 投稿日時 : 2017-04-10 22:44:54
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする