ポールオースターのおすすめ教えて

今、ポールオースターの『鍵のかかった部屋』を読み終わりました。
語り口が独特で、初めはちょっと合わなかったのですが、読み進めていくうちに面白いと思いました。
著者の本はたくさん翻訳されていて、次にどれを読むか迷っています。
よかったら、ポールオースターのおすすめ本を教えて下さい。
また、ポールオースター以外にも同じような雰囲気のほかの作者のおすすめ著書があれば、教えて下さい。
追記:NY三部作は読み終わりました。
  • 投稿日時 : 2017-06-18 17:05:16
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

1
 私はこれが良かったです。




 「鍵のかかった部屋」と同様、主人公が謎を追っていくうちに問題に関わっていく展開ですね。
  • テッドさん テッド さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-07-30 13:31:08
返信が遅れてしまってすいません。
ありがとうございます!
あらすじだけ読みましたが、これもポールオースター節がきいている作品ですね。奇妙な人間関係が面白そうです。
私がこれまで読んだポール・オースターの作品は、「幻影の書」と「鍵のかかった部屋」の2冊だけです。「幻影の書」は原作(The Book of Illusions)のレヴューを私の本棚に書きましたので、良かったら読んでみて下さい。

今後、他の作品も読んで良かったらご紹介したいと思います。
全1件中 1 - 1件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする