図書館などで借りて読む派、本屋さんで買って読む派?

  • 質問No.7547
  • e-kakasiさん e-kakasi さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談
 私は、読んだ本は手元に置いておきたいので〝買って読む派〟。ハードカバー製本の手触りが、書籍をとても愛おしく感じさせてくれます。お金が掛かるのは苦になりません。何故って、本を読むスビートと、毎月の少ないお小遣いの金額が、ほぼ釣り合っているので。欠点は、絶版本や古い本が読みたくなったら、中々、手に入らないこと。そんな時は、仕方なく図書館に出掛けます。
 図書館で借りるのは、誰が手にしたか分からないので、やはり嫌です。小林秀雄が読んだ本は、どのページにも彼のフケがいっぱいという話は有名。それから、図書館に行くとどうもトイレが近くなって落ち着けない体質なんです。〝図書館派〟の人たちからの反論を期待しています。
  • 投稿日時 : 2017-07-12 15:41:33
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7547-084526
  • manaさん mana さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-09-06 15:09:52
3
ほぼ図書館で借りて読んでいます。
こどもの頃から利用しているので、誰が手にしたかとか、あまり気になりません。どうしても気になるようなら、除菌ボックスを利用すればいいと思います。
月に何冊も読むので、全部買うなんて無理ですから。それに一度読めば満足で、繰り返して読むことはほとんどないので図書館で十分です。
図書館にない本はリクエストするか、書店で購入しますね。



3
大部分は、ブック○フの100円棚限定。どうしても欲しい本なら300円までならゆるす。
書店もけっこう利用しますが、ブック○フで手に入らないくらい新しいものとか、思い入れが強く新品で欲しいものとか、毎年の夏フェスの時には必ず。
図書館には滅多に行かないです。ゆっくり自分のペースで読みたいので…。
3
どっちも派です。気になった本を図書館で借りて見て面白かったら買います。美術書とか高いんで図書館でリクエストしてます。誰が手にしたとかは気になりません。性格が雑なんで(^_^)あと図書館ていろんな人がいるんで人物観察も楽しいです。
3
私も買って読む派です。仕事や家事育児で多忙な中、返却期限までに読み終わるとは限らないので…。それと、珈琲やお茶を飲みながら読むことが多いので汚してもいいように、ですかね。
でも1番の理由は、好きな本を目に見える形で所蔵しておきたいからなんですよね。自分の本棚を眺めている時間は至福のひとときです。
3
”買って読む”派です。本屋8割、古本屋2割といった感じ。

出先で読むことが多いので持ち運びが楽な文庫本専門。図書館に文庫本が少ないことと、自分が汚してしまったらという心配から”買って読む”派になりました。

余談ですが、古本を買うと、たまに栞代わりにレシートやハガキ、写真など入っていて、そういった驚きも楽しみの一つ。
2
どちらかといえば本屋で買って読む派ですが読めればいいのでこだわりはありません。
中高生の頃は毎日図書室で本を借りては一日で読んで返すをくりかえしていました。
以前は市立図書館もよく利用してましたが職場が図書館から離れてしまってからご無沙汰です。
だれだか知らない人の手が触れたから汚いと言いだしたら吊り革も掴めないし
ブックオフなどであきらかに粗末に扱われた古本のほうが抵抗を感じます
2
新刊などの一部の本は書店で買っていますが、基本図書館派、かな。

一番の理由は読む本の数。

1日に2冊以上のペースで読んでいるので全て買っていたらお金もスペースも大変なことになる(^^;

あとは本は一回読めば、後で読み返すこともないので手元に残す必要性もないので、図書館で十分ということになります。

でもハードカバーの手触りうんぬんはわかります。
新刊の感触って私も好きです。
3
どちらも派
図書館で時間がかかるとか
新刊でどうしても今読みたいとかは
さっさとかって読んで図書館に寄付
いつか読みたいなーと思うものは図書館で
予約します
  • 回答No.7547-084237
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-08-23 00:29:34
3
小学生の頃から古本屋に通いつめていて、古本の汚さやにおいに慣れているのか、図書館の本でも全然気になりません。
誰が触ったとか、忘れて読んでいます。
それになにしろ無料ですよ!無料!
返しにいかなきゃならないという手間はあるけれど、タダという響きには敵いません 笑
貸し出し限度一杯借りては買うとかかるお金を思い、『何か得した気がする...』とにまにましてしまいます。
3
本は内容が本体だと思っているので、汚れてても手袋付けて読めばよいかーと思ってる派です。

世界の名作や古典、ビジュアルの多いものは図書館で読んで、それ以外のビジネス書などは古本屋で気になったものを買い、本当に読みたい作家の新刊は本屋で買うスタイルです。
全14件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする