三国志

ずっと読みたいと思っていた三国志を読んでみようかと考えています。有名なものが吉川英治版と北川謙三版のようですが、違いが分からず、どちらにしようか迷っています。読んだ方がいらっしゃいましたら、おすすめを教えていただければ嬉しいです。ちなみに、小説で三国志を読みたいと考えています。
  • 投稿日時 : 2018-01-13 15:06:54
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
北方三国志を読んだ後で吉川三国志を読んだ感想です。
長文なので、続きはコメントとして記入します

======

先に読了した北方三国志に比べ、はるかに原本(三国志演義)には近いのでしょう。少なくとも北方三国志に出てこない「桃園の誓い」も「出師の表」「死せる孔明、生ける仲達を走らす」もあります(とはいえ後書きで三国志演義の訳者が結構創作していると言ってますが)。
  • todo23さん todo23 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-13 16:54:29
その分、大時代的というか、いかにも中国的なところも多々残しています。例えば戦闘シーンは何万人の戦いであろうと、ほぼ全て大将同士の一騎打ちシーンとして描かれますし、人物像も単純・平板な感じがします。
しかし、劉備亡き後の孔明の活躍が始まる7巻目になると、突如熱を帯びてきます。大袈裟といえばもっと大袈裟なのですが、勢いがあって余り気にならず、どんどん引き込まれていきます。
  • todo23さん todo23 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-13 16:54:47
主人公に独自の人格構成を行い、時代背景や物語の流れだけを借用し、その中で主人公達の生き様を生き生き描いた北方三国志。原作の流れを重視した上で、物語を近代風にアレンジしていった吉川三国志。どちらを取るのかは個人の趣味でしょう。ただ、私は北方三国志の方が好みでした。
ただし、これから読まれる方には、私とは逆の順、吉川三国志→北方三国志をお勧めします。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-13 19:55:20
回答ありがとうございます。北方版、吉川版では違いがあるのですね。わかりやすく回答してくださり、とても参考になりました。試しに色々読んでみたいと思います!ありがとうございました。
  • 回答No.7694-086280
  • この回答は削除されました。
0
正史 三国志 全8巻セット (ちくま学芸文庫)
三国志 8冊セット (岩波文庫)
三国志演義 (一) (講談社学術文庫)
もあります。

吉川英治のものは、自分流のアレンジが入ってます。
公立図書館なんかで比べてみたほうがいいかと思います。
横山光輝のコミック版を漫画喫茶とかで読んでみてはいかが。これが確か、吉川英治のものがベースだったと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-13 19:50:01
回答ありがとうございます。吉川版は自分流のアレンジが入っているのですね。知らなかったです。ほかの作家さんが書かれている本も紹介してくださり、勉強になりました!ありがとうございました。図書館等でいろいろ読み比べたいと思います。
全3件中 1 - 3件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする