ジャケ買いが…大当たり!な作品、教えていただけますでしょうか

これといって即購入したい作品があるわけでもなく本屋内をぶらぶらと歩いて時間を過ごすこができることの贅沢さに、今更ながらに気づき始めてます。

 平積みにやられた…
 背表紙にやられた…
 帯の文句にやられた…
 装丁にやられた…

オンライン販売では味わえないこうした作品との出会い。上級者の皆さんのお知恵を少し分けていただければと思いまして投稿させてもらいました!
  • 投稿日時 : 2018-01-26 19:42:01
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7705-086656
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2018-02-26 00:23:11
0


図書館でおすすめコーナーにあったのを、思わず手にして以来、この作者さんにはまりました。

同じ作者で言うと、このシリーズも、内容のみならずジャケも気に入ってます。かわいいです。


  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-02-26 13:01:25
おほ。

この作者さんの検索結果、なんだか不思議な表紙と不思議なタイトルがうようよ出てきますね。なんだか気になっちゃいます。
1
  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-02-06 20:50:56
まちがいなく猫派ですね (=^・^=)

オススメ、あざっす!
1
私は本は文庫で読みたい派で…
ハード―カバーはあまり買わないのですが、この本は装丁に一目惚れ!


まだ上巻だけですが、かなり面白くこれは当たりだったなと思います。
久し振りに物語の中に引きずり込まれていく心地よさを味わいながら読み進めている所です。
  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-02-06 20:49:23
ほぅ、宮部みゆき著。

私は大林宣彦監督による映画化版「理由」(2004) を通してしかまだ触れさせてもらっていないのですが、これから漕ぎ出したいと狙っている世界ではあります。ただなにぶん大海のようなので…

とにかく。参考にさせていただきます!
1
ほっこりする感じに惹かれて買ったのに、泣けました…!
良い意味のギャップで大当たりだったなと。


美麗なキャラに惹かれて完全にジャケ買いだったのですが、とても読み応えのあるミステリー小説でした。

  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-31 19:02:29
オススメありがとうございます!本棚見せていただくとさすが華やかな感じですね。

自分の本棚のとっ散らかった印象と比べると…。ブクログの魅力のひとつはその本棚イメージであるわけで、その辺もうひと工夫いるなぁと改めて感じさせられてしまった次第です。
  • 待雪さん 待雪 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-31 21:05:18
こちらこそコメントありがとうございます!
本棚は表示設定や登録するものを本(漫画を除く)で統一しているので、統一感があり華やか?というかまとまった印象に見えるのかもしれませんね。

確かディスプレイの魅せ方で、種類と高さを統一することで綺麗に見えると聞いたことがあります。

(最近の物しかあまり読まないので、表紙が必然的に綺麗なものが多いのも要因の一つかもです…笑)
1
こちらですね。

表紙の絵に惹かれてジャケ買い、ドはまりして、すぐさま原作を買いに走り、そのまま宮木あや子のファンになりました。

その場で買うかは別としても、本屋での新刊・話題の本のチェックは欠かせませんね!
  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-30 20:41:38
ということは小説の漫画化作品ということですね。その手のジャンルは自分は未開拓ゾーンですが、納得の「ジャケ買い」ですな。原作気になる。そして映画版になだれ込みかな、私としては。

「その場で買うかは別として」は大事なところ。でも名著との出逢いの場として自分の中でも「本屋」のランクは上げていきたいと思っとります。
  • 虹風 憂璃さん 虹風 憂璃 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-31 00:20:58
原作はこちらです。

最近は本屋で見て気になった本は、その場でブクログに登録しています(笑)。
2
『殺人犯はそこにいる』(著・清水潔)です。しばらく前にさわや書店のかたがタイトルを隠したカバーをかけて販売し「文庫X」として話題になりました。今もカバーがかかっています。
正直言って、話題になっているときには「販売手法の一環だな」くらいにしか思っていませんでした。
でも読んでわかりました。この本を読んだら、何かせずにはいられないんです。読んだだけではだめなんじゃないかと強く思うんです。ぜひどうぞ。
  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-28 17:50:33
おすすめありがとうございます!

「文庫X」の話はこれを機に知りました。なかなかおもしろい話ですね。まさに自分が最近感じている「本屋の中を実際に歩いてみつけるもの」の端的な例のようです。

時に先達の記してくれた道には素直に従ってみるものなんでしょうね。
1
映画化もされましたが。。。

上條敦士の表紙につられて買いました。物語もすごく面白かったです。
  • keiさん kei さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-01-28 17:53:06
おお、本作ですか!

私はなにげに立ち寄った感じで映画作品の方を先に観させてもらい、気に入ったんで原作を探しました。そんなもんだったので上條淳士スルー…。そうだったのか!と今さらながらに感動していた次第です。

も一回引っ張り出して読もかな〜。
全7件中 1 - 7件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする