夏休み企画!「この本で読書感想文を書きました!」を募集します!図書カード1000円分を5名様へプレゼント!

こんにちはブクログ編集部です。

夏です!とんでもない猛暑が続く中、みなさんはどうお過ごしですか。エアコンの効いた図書館で、じっくり読書もいいかもしれません。

ところで!夏といえば、「読書感想文」。

数年前のネットアンケート「嫌いだった夏休み宿題ランキング」で堂々一位に輝いてしまうほど悪名をとどろかす「読書感想文」ですが、確かにSNSでも夏になると話題になるのがその苦労話です。みなさんも苦しみ悶えた経験もあるのではないでしょうか?

今回、皆さんから「この本で読書感想文を書きました!」を募集します!

投稿してくれた方の中から抽選で図書カード1000円分を5名様プレゼント!

あなたもきっと悩んだに違いない、読書感想文の思い出や、その他、書き方のヒントもありましたらぜひ!

投稿の締め切りは、2018年8月31日(金)終日です。

ふるってのご参加お待ちしております!


また「夏の読書感想文が嫌いではなかったスタッフ」2名と編集長Mがたどり着いた「ブクログ流!読書感想文書き方の思い出とコツ」をブクログ通信で紹介しています!

【ブクログ通信】ブクログ流!読書感想文の思い出と書き方のコツ・8ルール!
https://hon.booklog.jp/column/dokusyokansoubun20180809


【投稿はこのような形式でお願いします!】

1.著者名・タイトル
2.ひとこと思い出コメント、書き方ヒントなどもあれば!
3.ブクログアイテム(本)ページのリンクで投稿ください!

====== 投稿例 ======
うらしまたろう (日本傑作絵本シリーズ)
著者 : 時田史郎

この本で私は読書感想文で「愛」について書きました!



  • 投稿日時 : 2018-08-09 12:44:26
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

2
「魔女の宅急便」角野栄子著
好きすぎて2,3年続けてこの本で感想文を書きました!感想文なのに「私も13才になったらコリコに行く!」と決意表明を書いた記憶があります。
書き方のコツは、キキと友達になったつもりで読むことかな(^^)応援したり共感したり一緒に悩んだり。色んな感情を一緒に味わうことにこの本の楽しみがあるかな、と。
1
小学4年生くらいの時、シム・シメールの『地球のこどもたちへ』を元に読書感想文を書きました。
クラスメイトが選んだ本の中で(おそらく)一番短い本の、それもごく1、2ページ部分を元に必要枚数以上を書いた記憶が…
本の感想を無理書こうとしなくても、そこから連想した自分の話に終始しても、十分読書感想文になりますよ!

3

ただただこの本が好きで感想文を書いたところ、全校集会で発表するはめに。でもすごく好きな本だったので一生懸命やったら次の日に図書室にあったこの本が予約待ちになってました。必死でやれば他人にも通じるんだなと思いました。
2
森見登美彦
 「夜は短し歩けよ乙女」

書きやすい本とか考えなくて、とにかく自分のお気に入りの本の感想文を書きました。
町の感想文コンクールで佳作をいただきました。


2
松谷みよ子『コッペパンはきつねいろ』(偕成社)

動物と友達ってのが羨ましすぎる。
コッペパンの歌にメロディつけて歌ってた。
小2の時の感想文コンテストで賞状もらった。

4
本屋さんのダイアナ(新潮社)
柚木麻子

自分の殻は自分で破る!と決めた主人公たちが素敵だったのですが…なかなか言いたいことをうまく文章にできなくて、もどかしかった思い出です。
2
ふたり (新潮文庫)
赤川次郎

気になる表現があって、それを中心に書きました。学校の文集に選ばれて嬉しかったです。


2
氷点(角川文庫)
三浦綾子

あとがきを参考に書いたら、コンクール代表に選ばれてしまい、5枚分に修正するのに苦労しました。


2
さとうまきこ「宇宙人のいる教室」
小5の時に読書感想文を書いた思い出の一冊です

2

乙一「失はれる物語」です。
読書感想文用にジャケ買いしたこの本が読書の道に導いてくれた運命の本になりました。
全21件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする