古本に挟まってたもの

    未回答
  • 回答数 21件
  • 雑談
先日、古本屋さんで購入した文庫に、挟まってたのは、しおりかと思ったら、お蕎麦やさんの割りばしの袋でした。店名とか住所も印刷されていたので、今度行ってみようかと思ったりします。古本や借りた本などに、ちょっと変わった物が挟まってたこと、ありますか?
質問No.7852
みんなの回答・返信

特に珍しくも無いものですが。

栞など挟まっていると、やっぱり嬉しいです。
ただものが増えるだけですが、ついつい集めて取っておいてしまいます。
時々、運が良い時は、なんていうんでしょう、?文庫の表紙を飾っているイラストの入った、その本だけの栞や、イラストの裏のミニカレンダーなどがあったりすると、凄く嬉しいです。
0
回答No.7852-092072
コメント 1件
しおり。嬉しいですよね、挟まってると。
どこかの出版社さんのキャラクターで「パンダ」の
可愛いやつとか、好きですねー。

手作りの栞や、文具店で売っている金属製の豪華なものなど
栞の世界も幅広く楽しいものですね。

コメントありがとうございました^^

この本を古書店で購入したら、一枚のルーズリーフが入っていました。
何か書いてあるので読んでみると、他の本のレビューの下書きが、、、。
リアル『草子ブックガイド』やん、、、!(ちょっと違うけどw)と思いました。
これも縁なのでその本、いつか読んでみようと思っています。
1
回答No.7852-092057
コメント 1件
買った本とは違う本のレビューが。面白いですね。
新たに読む本を探す道標になりますね。探すと良いかも。

「草子ブックガイド」も、好きな漫画です。
本は、作者と読者を繋ぐ以上に、いろんな発見や出会いをも
もたらしてくれる、良いものだなぁとしみじみ思います。

コメントありがとうございます^^
いらなくなった本を売ろうと思って、最後にパラパラめくってたら、間から2千円札が出てきた。なんでそんなところに挟んでおいたのか不明。危うく気づかずに手放すところだった。
1
回答No.7852-091391
コメント 1件
おお!臨時収入ですね。いいなぁ。
儲かったような気になりますね、へそくり発掘。

本を売る前にチェック、大事ですね。
しかも二千円札。古銭旧紙幣収集も、私趣味なので…
とっておくと楽しいかもしれません^^

コメントありがとうございます。
図書館で借りると、その時に借りた本の名前と返却期日を印刷した紙を、本に挟んでくれますが、その紙がはさんだままの時がわりとあります。
同じ本を借りた人が、「この本も借りてるんだ~」と、自分の読んでみたい本のリストに入れたりすることがあります。
1
回答No.7852-091377
コメント 1件
図書館でのお話ですね。
返却日を印刷した紙を挟んでくれますね。はい。
最近行ってないなぁ、なんても思ったりします。

確かに図書館の本には以外と、なんか挟まってること
ありますよね。ちょっと面白いです。
たまにはまた行こうかなと、思います。

コメントありがとうございます。
自分で立てた質問に、自分で回答。
昨日読んでいた本に挟まっていた栞。
このデザインが良かったので…

角川文庫と手ぬぐい専門店かまわぬさんとのコラボ。
カドフェス2016のものらしい。
栞に手ぬぐいのデザインが印刷されているものでした。
ラムネの瓶のデザイン。

小さな手ぬぐいが本に挟まっているようですごく良い!
何パターンもあるなら欲しくなるなぁ。
0
回答No.7852-091373
コメント 2件
集めたくなりますよね〜。
栞があると知らないで読んでいて出てきたら結構嬉しい。
ですよね^^
厚めの本には、その本自体に「紐」?が付いてたり
栞を必要としないものもありますが、栞好きです。

コメントありがとうございます
普通の栞かと思ったら、手作りの栞が挟まってた。小学生の女の子らしき娘さんからお父さんへのプレゼントに思えた。 何故そう思うのかって? 栞に〇〇からパパへって書かれてあったから。
0
回答No.7852-091339
コメント 1件
手作りしおりですか。
なかなかうっかりなパパですね。怒られたかな?

古本屋の本に挟まっているものって、そのままどこか遠くへ
旅してゆくような気がします。ので
本を売る際にまた挟んでおくと良いかもしれません。
巡り巡ってどこまでも行きそうな気がします。

旅する栞。ろまんですな。

ご報告ありがとうございます^^
かなり前に買った本に、修学旅行先から両親へ送った葉書が挟まっていました。小学生の男の子かな。お土産のことなど嬉しげに書かれていて、きっと楽しい家庭なんだろうと微笑ましくなりました。

数年前にネットで買った『岡井隆の短歌塾 観賞編』。挟まっていたのは木の葉です。何の木でしょう。全長10センチ程で細長く、程よい厚みがあります。落ち葉を拾ったか、人に貰ったのか。持ち主はありきたりだけど文学青年かな。
0
回答No.7852-091141
コメント 1件
旅先からのハガキと落ち葉と。ロマンですね。
なんだか昭和的で良いものが挟まってましたね。

子供からのハガキ。大事にもっていて栞にしたのかな?
で、忘れて古本屋に売っちゃったのかしら?

四つ葉のクローバーなんか、よく本に挟んで
押し葉にしたりするものですが、そんな感じでしょうか。

ご報告ありがとうございました^^
本ではないのですが、十数年前のある日通勤ラッシュの電車に乗っていて、降車すると私のカバンに真っ赤の小さい傘が引っかかっていました(笑)

もちろんおじさんの私にはふさわしくないから?駅員さんに届けました

挟まっていた、と、関西が入梅で思い出しました(笑)
0
回答No.7852-091110
コメント 3件
日常に挟まる不思議な小咄のようですね。
通勤ラッシュと赤い傘…奇妙な物語の題名みたいな。

無事に持ち主の元へ帰っていたらいいですね。

こちらは梅雨はないのですが、ここ数年は
この時期不安定な雨模様が増えた気がします。

番外編のようなコメント、楽しみました。
ありがとうございました。
h.t.さん h.t.さん 2019/06/29
コメントありがとうございます

身近に北海道出身の方がおられ、今は北海道も梅雨みたいな感じがあると言っていましたね

持ち主の女の子の元に届いていたらうれしいです
というよりちゃんと探してくれていたらと思います

そして傘もそうですが、戻った出来事を大切にしてくれていればうれしいなと思います
再コメントありがとうございます^^

そーですね。
昔の小説や漫画なんか見てても、傘って大事なもの。
今はビニル傘が安くて使い捨てられてますから…
大事にして欲しいですね。

また何か、面白いものが挟まってたら
おしらせくださいませ。
ありがとうございました。
ネット書店で購入した古本に、東京都美術館で開催された若冲展のチケット半券、明治座の歌舞伎のチケット半券が挟まっていました。
古本の状態も非常に良く、この本の前の持ち主がどんな方だったのか興味深いです。

私は西日本在住で、地元のブックオ○では巡り会えない出来事でした。
0
回答No.7852-091086
コメント 1件
ネットでご購入の古本にも、そういったものが
挟まったまま到着するのですね。

若冲展と歌舞伎…渋いですね。
東京は文化的な展示やイベントが多くて良いですよね。
私も北海道ですので、そういった半券は貴重ですね。

ロマンを感じます。
ご報告ありがとうございました^^
ワイマール時代の政治的出版物を購入した際、当時の新聞に出ていたその本の書評が挟まっていました。本だけではなく、その同時代評価も労なく読めてお得感満載でした。
0
回答No.7852-090965
コメント 4件
ワイマール…すいません、無知なもので検索しました。
第一次大戦からナチスの台頭までの期間なのですね。
古書店?とかにあるのかしら。難しそうです(汗

古い新聞記事が挟まっていたのですね。
なんだか歴史を感じます。貴重。

その時代の読みやすい小説などあれば、読んでみたい!
と、興味をそそられてしまいました。

ご報告ありがとうございます^^
Adlerさん Adlerさん 2019/07/14
そうですね。ドイツの古書店で購入したものでした。

小説というか児童文学ですが、エーリヒ・ケストナーの作品は大体この時代の末期に書かれたものですよ。
後は、小説というか風刺作品ですが、クルト・トゥホルスキーのものとか。




再コメントありがとうございます

アマゾン見てみました。
「飛ぶ教室」は「草子ブックガイド」という漫画の中で
紹介されて他のを思い出しました。

平井正さんという作家さんは多くドイツのことを書いて
いるのですね。興味深く思いました。

ぜひ読んでみたいと思います。
ご紹介ありがとうございました^^

Adlerさん Adlerさん 2019/07/14
平井正は独文科の研究者で、東工大とか立教大の教授だった方ですよー。今はもう退職されています。
全21件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする