小学生の頃に読んだ児童書を探しています

今から15、6年ほど前に読んだ児童書を探しています。

小説のあらすじは殆ど忘れてしまったのですが、作中に出てきた暗号文?だけが頭に残っていて、もやもやするのでどうしてももう一度読んでみたいのです。

憶えているシーンは…
・小学生ぐらいの3、4人組の子ども達が宝の地図のようなものを頼りに地下道のような場所に行く
・その地下道を示す暗号文を解くと「ここはのうこつとう さわるなたたりあり てたらひたりのみちをとれ」→「ここは納骨堂 触るな祟りあり 出たら左の道をとれ」となる

暗号文を解読した文章は上記のもので多分あってるはず…。「納骨堂」、「祟り」、というフレーズが今でも記憶に残るほど、幼心に怖かったみたいです(笑)

小説自体はホラーでも何でもなく、ズッコケ3人組みたいな雰囲気の児童書らしい児童書だったと記憶しています。

かなり情報は少ないのですが…心当たりのある方や、こうやって調べたら見つかるかも?という方法などあったら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
  • 投稿日時 : 2018-11-21 00:03:59
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.7903-089233
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2018-11-25 18:14:52
0

マガーク少年探偵団にそんなのがあったような…
どの話とか本当にこのシリーズだったかなどさだかではないですが参考までに
全1件中 1 - 1件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする