ブクログ談話室

どうして自殺してはいけないのか

    未回答
  • 回答数 14件
  • おすすめ教えて
  • 名無しさん

    名無しさん

    2019年05月28日
「どうして自殺してはいけないのか」というテーマでレポートを書こうとしています。
今はデュルケームの「自殺論」とその解説本を読んでいます。キリスト教やその他の宗教において自殺が禁止されているのはなぜなのか。私たちが「自殺をしてはいけない」という時、そこには理論があるのでしょうか、それとも感覚的なものなのでしょうか。感覚的なものならそれを形作っているのはなんでしょうか。
道徳的、心理学的な意味ではなく、宗教や社会がタブーとしている自殺について学べる本をぜひ紹介してください。
質問No.8052
みんなの回答・返信

なぜ自分が生きるのかというのは、哲学の世界でもまだ
答えが出ていない問題であり、考えることは難しいことです。生きる価値=人生の目標への階段とか、死ぬ時に自分が生きた人生の価値を感じるためなど、色々な見解があります。自殺する時の人の思考は、「楽になりたい」「自分は生きる価値がない」などネガティブな思考になることが多いです。これらは全て苦痛から来るもので、肉体的苦痛、精神的苦痛などの苦痛です。つづく~
0
回答No.8052-097726
コメント 2件
chedmiさん chedmiさん 2022/05/30
そして、苦痛がコップから水が溢れ出るように耐えられなくなると、自殺ということが起きてしまいます。しかし、なぜ苦痛を耐えきれなるまで堪えてしまう人が多いのでしょうか。その半数を占めているのは、「話す相手がいない」
だと思っています。話す相手がいない(もしくは話せない)→孤独感を感じる→
ネガティブ思考になるというサイクルが繰り返されてしまう→精神的苦痛、肉体的苦痛から解放されたいと思う→ー続くー
chedmiさん chedmiさん 2022/05/30
自殺してしまう。日本では、一日90人もの人が自殺で亡くなっています。
近年、コロナの影響もあり、自殺者が増えています。一人でも多く自殺者が減るのを心から願っています。

長文失礼しました。
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年04月11日

日本の自殺希少地域に関する考察内容です
0
回答No.8052-097065
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年04月01日
Googleで自殺について調べている時にこの本について書いている方がいました。いかがでしょうか。
ショーベンハウアーさんの自殺についてという本です。最初の方に「自殺を否定しない」と書かれているそうです。
0
回答No.8052-096955
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年03月31日
こちらはいかがですか。

自殺

末井昭 / 朝日出版社 / 2013年11月1日



自殺会議

末井昭 / 朝日出版社 / 2018年12月15日

0
回答No.8052-096950
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年03月29日

著者は心理学者ですが、宗教や社会的な面からも考察されていて興味深かったです
0
回答No.8052-096937


日本や韓国など家父長制の文化では、父という逆らえない存在があるため、ストレスが自分に向くから自殺が多い
反対に、幼い頃から自立して育てられるアメリカなどでは、外に向いて他殺になる。
私たちが持っている感覚的なものに、家族や文化がいかに影響しているか読み解いた本です
0
回答No.8052-091160
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2019年06月30日


 登場人物の会社社長の口を通じて、“殺人は絶対にしてはならない。自殺とは自分を殺すという、殺人の一種である。それによって「大切な人を殺された人」がどんなに苦しむかを考えるべき”といったことが書いてあったと思います。

 分かりやすい説明だと思いました。

0
回答No.8052-091114
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2019/07/10
 ならば次に、「どうして殺人をしてはならないのか?」という疑問が浮かぶと思います。これは難問です。子どもたちに尋ねられ、多くの大人が答えられません。なぜ答えられないのか? それについてはこちら!





流行りましたね。

よく生きるために死ぬ方法を考えるというコンセプトだったかと思います。
0
回答No.8052-091106

ちょっと逆からの視点です。
この本(上巻か下巻か忘れました)の中に、孤島の小社会の人口抑制の手段の一つとして自殺が是とされるケースが紹介されています。
「なぜ〇〇が禁止されているのか」と「〇〇が禁止されないのはどのような時か」は裏表のように思いましたので、参考になれば。
0
回答No.8052-091065

「死が悪いのは得られたはずの機会が剥奪されるから」が著者の基本の見解。来世も復活も死者の魂もなしという前提で「死」について、本人(遺族や社会でなく)にとって何が良いことなのかを基準に、死への恐れの正体、不死の功罪、自殺の損得など、死をめぐる様々なテーマをあらゆる角度から描きつくす。
0
回答No.8052-091046
全14件中 1 - 10件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする