マーキング方法

  • 質問No.808
  • 名無しさん 名無し さんからの質問
  • カテゴリー : 雑談
ビジネス書を読み始めました。
そこで、より理解するために線を引いたりしようと思うのですが、どういう風にしたらよいのか分かりません。
皆さんはどのように本にマーキングしていますか?
色分けか、マークを付けたりするのか・・・
詳しく教えてください!!
  • 投稿日時 : 2011-02-24 23:10:30
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.808-079625
  • T さん T さんの回答
  • 投稿日時 : 2016-04-22 20:28:29
0
  • 回答No.808-072887
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2015-02-05 20:35:35
1
斎藤さんの本はいつも赤青緑ボールペンのことを書いてますね。よっぽど良書で精読したいときは斎藤流にマーキング、多くの本の場合は多読用なのでメモを残す程度にしています。

以下ご参考まで。



0
私は、この本を参考に読書をしています。

書かれている読書法全てを実践しているわけではありませんが、ドックイヤーや書き込みなどはしています。

しばらくして読み返す時、印を付けておくことは、とてもいいと実感しています。探しているところを見つけやすくなるだけでなく、過去の自分を見ることもできるので。


  • t0met0mek0さん t0met0mek0 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-02-05 19:58:08
私の考える・・・

【線を引くことのメリット】
●本の内容を記憶に残りやすい
●後日内容を確認する時に見つけやすい
●後日読み返した時に、”以前読んだ時の自分”を思い出しやすい

【線を引くことのデメリット】
●読書中、本に線を引けない状況がストレスになってくる
→手にシャーペンを握っていないと、落ち着かなくなる
→借り物の本などが読めなくなる。
→本代がかかる。
  • t0met0mek0さん t0met0mek0 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-02-05 19:59:05
【線を引く時に心がけていること】
●読むスピードを落とさないこと
 →そのため、「線を引く」というルールだけで、他に細かいこと(色や太さなど)は決めていません。
  • t0met0mek0さん t0met0mek0 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2015-02-05 19:59:29
【筆記具について】
●基本的に書き込みは、シャーペンです。色は黒色です。

●気分によって色鉛筆でカラフルにしたり、ボールペンを使ったりと、筆記具を変えることもあります。

●線の色・太さ・波線などにはこだわっていません。

●ただ、特に心にきた部分はぐるぐると円で囲むこともあります。
  • 回答No.808-072143
  • call4さん call4 さんの回答
  • 投稿日時 : 2014-12-24 20:51:18
2
線引いたり、ノート取ったり、色々試してみた結果、付箋が一番よいという結論に至りました。私の場合、気になる点をマークする際になるべく本を読む脳を停止させたくなかったので、単調に付箋を張るだけ、というのが一番効率的でした。
0
ビジネス書の読み方は大きく二つに分かれると思う。
マニュアル的に時事に対応したハウツーを丸暗記して、
それを多読する事で常に最新に更新していくやり方。
もう一つは教養的にそこに書かれた事ではなく、
そこに至る著者の思考を辿り自分と比較する事で、
自分の知恵を徐々に強化していくやり方。
それらの方法論を踏まえることで、何をどのように、
マーキングすれば良いかも見えてきませんか?
  • 回答No.808-07364
  • Mollyさん Molly さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-02-25 00:23:32
1
ビジネス書というわけではないですが、そういう時は付箋を貼ることにしています。
あとからはがせるので図書館の本にも対応可。
個人的には線を引いたりすると、その部分が後々になってそんなに重要じゃないと感じられたときに消すのが面倒な気がして・・・。
色違いの付箋をいくつか用意しておいて、「黄色=疑問を持ったところ」「青=覚えておきたいところ」などと分けて貼れば一目瞭然で便利です!
2
赤・青・緑で色分けして、この順にすごく大事・まあ大事・おもしろいと区別して線を引きながら呼んでます。
詳しくはこちらの本をどうぞ
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする