おもしろい職業小説を教えてください!

なんらかの職業が出てくる小説を教えてください。王道の警察や医者でも、特殊な職業でも構いません!
  • 投稿日時 : 2011-02-27 21:53:45
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

燃ゆる樹影

藤田宜永 / 角川書店(角川グループパブリッシング) / 2009年8月21日

まず藤田宣永作品からふたつ、『燃ゆる樹影』は樹木医の話です。

こちらはプロダクトデザイナー。

こちらはスピーチライタ
  • はまゆきさん はまゆき さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-15 12:04:20
こちらはスピーチライター。

これは映像ディレクターです。

どれも内容も非常によかったです。ひとつでもお好みに合うものがあれば☆

長くなってすみません!
0
ミステリーですが、日明恩さんの「そして、警官は奔る」「それでも、警官は微笑う」は警察。「鎮火報Fire’s Out」「埋み火」は消防。「ロード&ゴー」は救急車の運転士が主人公です。
他にも海堂尊さんの作品は医療モノが多いですし、門井慶喜さんの「お探しの本は」には図書館員が出てきます。
求められているものとは違うかもしれませんが、ミステリーだと警察や探偵が出てくる小説が多いですよ。
  • 回答No.821-09076
  • smorkyさん smorky さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-04-12 23:16:02
0

古書を手頃な価格で買って高く売ったり、
依頼された古書を探したりする
「せどり」を生業にする主人公のお話。
絶対数が少ない職業だと思われますし、
本好きな方ならココロ躍る場面もあるかも?
  • 回答No.821-07603
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-02 22:48:35
0


床屋やコック、調律師などなどいろいろな職業の人についての短編集。棺桶セールスマン、象使い、棟梁など特殊な職業?もたくさん。ポリバケツやしょうろ豚も出てきます。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:41:14
不思議な単語の羅列が気になって……。にしても、棺桶セールスマンって職業、あるんですかね? なんだか需要は高そうですが。ポリバケツやしょうろ豚も「出てきます」とは、いったいどういうことなのでしょう。とても気になります!

回答ありがとうございました!
1
私もまだ読んでないのですが...



「特別国税徴収官」だそうです。
面白そうなので読んでみようと思っているのですが図書館の予約待ちが長くて...気長に待っているところです。ご参考までにどうぞ!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:38:33
すごく気になっていました! 「国税~」という職業にはすごく興味があります。適性はないと思うんですが。この職業、現実にあるんでしょうか。特別、というあたりでなんだか怪しい。そのあたりも含めて気になります!

回答ありがとうございました!
  • いこさん いこ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-04-15 09:58:35
横レス失礼します。

私もこの本が読みたくて読みたくて待っているのですが、図書館の予約待ちが本当に長くて。
気長に待っている一人です。
同志発見が嬉しくて、ついレスしてしまいました。

高殿さんの作品は、ライトノベルの中でも文章力・構成力の高い方なので、楽しみなんです。
  • 回答No.821-07547
  • shinoさん shino さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-02-28 22:37:11
0
落語家 春桜亭円紫さんが探偵役の日常ミステリです。


謎解きも楽しいのですが、実在の落語家さんやその演目について語られるエピソードも魅力のひとつです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:36:30
これを読んだら、私も落語の魅力に気付いて笑えるようになるということでしょうか! 落語には興味あるのに、話を聞いても眠くなっちゃうので(笑)、これで勉強したいと思います! もっとも、そういう目的ではあまりないのでしょうが。

回答ありがとうございました!
1

かなり特殊ですが、文楽の三味線弾きと唄い手。
これを読んで本当に三味線を習い始めてしまいました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:34:05
読んだことあります! すごくおもしろかった! 文楽という職業についてすごく興味がわきました。そしてコメントにかなり共感。私もこれ読んで、一時期本気で三味線習おうとしましたもん……。そう考えさせられるくらいの説得力(?)がありますよねえ。

回答ありがとうございました!
  • 回答No.821-07513
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-02-28 07:28:30
0
人気作ですので既にお読みでしたらすみません。
これを読んで、林業いいかも!と安直にも思ってしまいました~。
登場人物が皆、人情味あふれる人ばかりで、本当に素敵なお話です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:30:21
書棚にあり、読もうとするのですが、何度がんばっても途中でどうしても眠くなるんです。なので未読ということになります。しかし、なぜなんでしょう。三浦しをんさん大好きなんですがねえ。たぶん、漂うほんわりした雰囲気のせいなんでしょう。今度、何度目かのチャレンジに挑んでみます!

回答ありがとうございました!
0
短編集なのですが、表題作には、何でも分解してしまう分解者が出てきます。
分解の対象となる銃や人体についてのマニアックなまでの描写は、読んでいてくせになります(^-^)
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:43:21
表紙がなんとなくホラーちっく、タイトルもなんだかホラーちっく……。でもすごくおもしろそうです! 蘊蓄とか大好きです! ところで、銃はともかく、人体を「分解」するの……? 「解剖」でなく……?

回答ありがとうございました!
そうです。なんでも「分解」なんですよ。
百歩譲っても、「解体」。。。
いや、やっぱり「分解」ですね(^-^)
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 18:52:41
>>百歩譲っても、「解体」

しかし、結局そこまで譲られても「分解」なんですね……。「解体」でも「分解」でも、どちらにしろ怖いことに変わりないんですが! しかも、yoshikonnoさんが笑顔で言い切っているところとか……!
0
書店が舞台のミステリーです。
作者さんが元書店員だけあってリアリティもばっちりですよ!
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-04 11:25:26
書店が舞台と言うことで、ちょっと気になっていた本でした。書店で働いたことがないけど書店は大好きなので、内部事情(?)なども興味があったりして。

回答ありがとうございました!
全11件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする