ブクログ談話室

名前を付けることのできない関係を描いた小説

    未回答
  • 回答数 3件
  • おすすめ教えて
  • 名無しさん

    名無しさん

    2020年08月21日
こんにちは。はじめて投稿します。
最近、千早茜さんの「透明な夜の香り」や凪良ゆうさんの「流浪の月」を読みました。
こんな感じの、恋愛のようなそうでないような、恋愛だけでない、名前の付きにくい関係、という感じの小説があれば教えていただきたいと思います。
主人公たちの性別やジャンルは問いません。

小川洋子さん、梨木果歩さん、恩田陸さんが好きです。
よろしくお願いいたします。
質問No.8301
みんなの回答・返信

千早茜さんなら『魚神』も良かったです!
他の作家さんだとこの辺りはいかがでしょうか。


0
回答No.8301-093030
千早茜さん、凪良ゆうさん、どちらも未読なのでニュアンスがあっていないかもしれませんが・・・
名前のつきにくい関係というフレーズで選んでみました。


0
回答No.8301-093004
吉本ばななさん作品は、恋愛のようで、そうでないようなちょっと複雑な関係性の物語が多い気がします。特に初期作品。



1
回答No.8301-092930
コメント 1件
名無しさん 名無しさん 2020/08/24
投稿者です。
ありがとうございます!
吉本ばななさんの名前はよく聞きますが、まだ読んだことありませんでした!!
さっそくキッチンを手に入れたので読んでみようと思います!!
全3件中 1 - 3件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする