最愛の人を亡くした時に読む本って・・・?

先日、最愛の母を亡くしました。
突然死でした・・・。

自分と同じような境遇というか、遺された者の気持ちが描かれているような本が読みたいと思い書き込みをさせてもらいました。
ただ単に母と娘の話でも構いません。
出来ればエッセイやノンフィクション・心理学的な本ではなく、小説で。
お薦めなどありましたら、教えていただければと思います。

よろしくお願いします。
  • 投稿日時 : 2011-03-04 20:13:11
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
人とペットでは、失ったときの悲しみの度合いが違うと思われたら、申し訳ないです。
しかし、「犬を飼う」での主人公たちと犬とのつながりは家族に劣らないと思うし、それを失ったときの気持ちが確かに描かれている。
その癒えそうにない喪失感を、はからずも猫を飼うようになったことで、良い方向にいかしていく「そして…猫を飼う」もセットになって
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-15 20:26:09
私自身はペットを飼った事はありませんが、ペットを家族のように思う気持ちは、よくわかります。
犬にしろ人間にしろ、自分にとって大切な存在ならば、悲しみもまた同じです。

読んでみたいと思います。
ありがとうございました。
  • 回答No.845-010126
  • Mollyさん Molly さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-05-07 18:57:22
1

去年大叔母を亡くしたときに、親戚の人が送ってくれた本です。
絵本ですが死をセンチメンタルにとらえ過ぎず、長い旅の始まりだと考えているところが良かったです。
残された人たちの心に少しでも残っていれば、その人が生きていた価値はあるのだと教えられました。
オススメです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-10 11:50:36
亡くなったら、もうそこで「終わり」という考え方もありますが、それを「始まり」と捉える事も出来るんですね。

読んでみたいと思います。
ありがとうございました。
0
最近読んだ本の中で、私が母のことを思い出した一冊を紹介します。

おもに恋愛小説を集めた短編集。
この中に母と娘のお話もあります。たわいのない母娘のやりとりが心に響きました。
またこんな風に母と話ができたらな。と、昨年亡くした母に心の中で話しかけました。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-10 11:46:26
ほうじ茶さんもお母様を亡くされたんですね。
本当に何気ない会話さえ、もう出来ないのだと思うと悲しいです。

私もこの作品を読んで、思い出に浸りたいと思います。
ありがとうございました。
0


両方とも、亡くなった人が自分の家族に手紙を残す場面があり、その家族愛に、家族のありがたみを改めて感じました。質問者さんの主旨に少しでも合えばと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-10 11:42:33
洋書には疎くほとんど読まないので、お薦めしていただけて嬉しいです。
「食堂かたつむり」は以前読んだ事がありますが、また今読み返してみると違った感想を持つかもしれませんね。

是非読んでみたいと思います。
ありがとうございました。
1
よしもとばななさんの作品は初期から現在に至るまで、愛する人を亡くした人物がモチーフになっています。

私も大好きな母を亡くして7年経ちましたが、今も「会いたいなあ」「手料理が食べたいなあ」と寂しく、そして恋しくなります。
どうか「寂しい」気持ちを大切にしてくださいね。
自然に元気が出るまで無理なさらずに・・・。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-29 17:55:45
長い月日を経ても、母の面影は消えないものなんですね。
辛いよりも悲しいよりも、ただひたすらに寂しくて・・・私も母に会いたくなります。

よしもとばななさんの作品は、実はほとんど読んだ事がありません。
これを機会に読んでみようと思います。

寂しい気持ち、大切にしたいです。
ありがとうございました。
  • 回答No.845-08545
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-25 20:37:52
0


母ではなく、父と娘の話ですが。
あたたかい物語です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-29 17:50:56
山本さんは何冊か読んだ事があるのですが、これは未読でした。
是非読んでみたいと思います。

ありがとうございました。
  • 回答No.845-08206
  • 古池さん 古池 さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-19 22:55:37
1

お望みのものとは多少主旨が違うかもしれませんが。
こちらは遺族側ではなく故人側から見たいくつかの物語です。
少しでもあなた様のお心に添うものであればと思います。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-21 23:17:32
東さん、独特の世界観が好きでよく読みます。
「とりつくしま」良い作品でした。なかでも「トリケラトプス」が印象に残っています。

私が好きな本の名が挙がった事を嬉しく思います。
また読み返してみたくなりました。

ありがとうございます。
  • 回答No.845-08070
  • runpenさん runpen さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-16 14:46:44
1
アレックス・シアラーの『青空のむこう』
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-18 13:46:14
以前読んだ「チョコレート・アンダーグラウンド」とても面白かったです。
「青空のむこう」も是非読んでみたいと思います。

ありがとうございました。
0


お役に立てるかわかりませんが、一番先に思いついたもので。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-16 14:02:55
大震災が起こり、改めて人の生死について考えさせられる毎日です。

梶尾さんは「穂足のチカラ」以外読んだ事がなかったので、是非読んでみたいと思います。
ありがとうございました。
  • nowheremanさん nowhereman さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-16 18:34:07
草薙剛主演で映画化されています

挿入歌「月のしずく」も名曲です.
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-18 13:44:01
映画も話題になりましたね。
合わせて観てみたいと思います。

ありがとうございます。
  • 回答No.845-07729
  • 比呂さん 比呂 さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-07 09:40:53
0
この本は涙が止まりません。

とんび

重松清 / 角川グループパブリッシング / 2008年10月31日

同じ著者で



余計に落ち込ませてしまわないか心配です。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-08 10:58:51
重松さんの作品は好きでよく読んでいるのですが「その日の前に」以外は未読でした。特に「かあちゃん」は気になります。
また重松さんの作品を読むのが楽しみになってきました。嬉しいです。

ありがとうございます。
全15件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする