ブクログ談話室

短い文章がたくさん載っていてる本

    未回答
  • 回答数 7件
  • おすすめ教えて
  • 名無しさん

    名無しさん

    2022年05月19日
アフォリズム集・超短編集・断片的な文章が載っているような本を探しています。例をあげると、

「侏儒の言葉」芥川龍之介
「エピクロスの園」アナトール・フランス
「葉」太宰治
「ポケットに名言を」寺山修司
「掌の小説」川端康成
「一人の男が飛行機から飛び降りる」バリー・ユアグロー
「ボルヘス怪奇譚集 」ホルヘ・ルイス・ボルヘス
「超短編小説・世界篇 Sudden Fiction 2 (文春文庫)」

こんなかんじのものが読みたいです。
よろしくお願いします。
質問No.8706
みんなの回答・返信

  • 名無しさん 名無しさんの回答 6時間前
やっぱり何度読んでも良いです。解説は筒井康隆でした。


0
回答No.8706-098091
これって詩集じゃなくって、断片的な文章なんだと思います。

0
回答No.8706-097647
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年05月22日

パラパラ読めてとてもしっくりきました
1
回答No.8706-097628
短編が沢山あります、この本には数編ですが、何冊も出ています
ロマンチックなお話、切ないお話などです

1
回答No.8706-097626
最近読んだのではこれ。警句集ではなく小説だが。

掌編53篇。最短1行。表題作「女が死ぬ」は15頁あるが一番警句集に近い。
全編を覆う著者の持ち味ともいえる奇妙な軽さと明るさが魅力。
0
回答No.8706-097622
  • 名無しさん 名無しさんの回答 2022年05月20日
0
回答No.8706-097603
0
回答No.8706-097600
全7件中 1 - 7件を表示
アイテム検索
閉じる
キーワードを入力して紹介したいアイテムを検索してください。


ツイートする