綾辻行人さんで、一番好きな「館」を教えてください。



私は「暗黒館」が一番好きです。
漆黒の館、という設定もですが、何より館シリーズの集大成とも言える内容が魅力だと思います。

個人的には、十角館から始まった館シリーズにおいてずっと謎の象徴として存在感を持ち続けた、各館たちと建築家中村青司さんのことが、
暗黒館で少し分かることができた気がするので好きです。

さすがに住むのは不便そうですし、遠慮したいですが(笑)

皆さんは、どの「館」が一番好きですか?ぜひ教えてください!
「館」シリーズ以外(設計した人が中村青司さん以外)でも、建築物であればいいです。
例:鳴風荘や霧越邸など。

  • 投稿日時 : 2011-03-21 20:32:34
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.929-046575
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2012-11-01 23:11:19
1
雰囲気的には暗黒館、
推理的には迷路館が好きです。
暗黒館は素敵過ぎて読みながらずっとどきどきしてました
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-11-09 16:47:58
コメントありがとうございます!

暗黒館の雰囲気には、本編の長さに比例したどの館とも違う決定的な重みがありますよね。
迷路館は作中作という形式も驚きでしたが、さらにその中の「犯人当て」もどんでん返しで、私も見事に騙されました(笑)
1
私も暗黒館です!
館の規模、それまでの館シリーズとの繋がり、どんでん返しに次ぐどんでん返し・・・。
子供のころからミステリーが好きでいろいろ読みましたが、この本が一番夢中になったと思います。
どんどん読みたいのに終わってほしくないから読みたくない、そんなジレンマは初めてでした。

  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2012-06-17 22:13:50
コメントありがとうございます!

私もです!
引き込まれてしまって読むのをやめられない、でもクライマックスに近づくにつれて終わらないでと思ってしまうことってありますよね。

時計館新装改定版もご覧になりましたでしょうか?
上下巻並んでいると表紙のセンスに脱帽です。
とりあえず早く買って読みたいと思います!
  • 回答No.929-022892
  • taiyoさん taiyo さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-11-23 18:45:42
1


やっぱり十角館ですね。
初めて読んだときのあの衝撃が忘れられません。
リアルタイムで詠みたかったなぁと思いましたが、ようやく奇面館が完成したということですごく楽しみです(o^-^o)
館ではないですが霧越邸も好きです。
  • ひろさん ひろ さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-23 21:20:54
初めまして。ひろと申します。
ブクログは初心者です…

綾辻さんの話だ~と舞い上がって読んでたら、
「奇面館の殺人」が完成したんですか???

それは嬉しい。楽しみですね~♪
遅くなりましたが、僕は「時計館」が一番好きです!

  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-24 20:48:29
>taiyoさん
コメントありがとうございます!

奇面館完成嬉しいですね。
私もすごく楽しみです!

「時が経っても、あの本と出会ったことが忘れられない」
そういう一冊に巡り合えたことはすごく幸せなことですよね。

そして私も霧越邸好きです!
そろそろ冬が近づいてきましたし、季節的にピッタリですね。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-24 20:53:46
>ひろさん
コメントありがとうございます!

時計館も、十角館と並ぶ人気ですね。
妖しげで、どこか美しい時の流れや世界観が、とても魅力的な舞台となっていると思います。
トリックも前代未聞でしたし!
私は初めて時計館を読んだ時に愕然としました(笑)

奇面館刊行を一緒に待ちましょう!
0




大好きです!!
コレでミステリーにハマった思い出の作品です。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-24 20:42:20
コメントありがとうございます!

やはり十角館は「これでミステリーにはまった!」という方が多くいらっしゃいますね。
ミステリーの魅力であり、綾辻さんの作品の大きな特徴である、
騙された時の「やられた!」というあの痛快感がたまりませんよね。
私もその面白さに陥落した一人です(笑)
0

やっぱり時計館が一番読み返してます。

あと、ご存知でしょうが

YAKATA

アスク / アスク / 1998年6月4日


綾辻行人監修のプレステのRPGでツッコミ所満載のゲームですが、時計館まで中に入って探険できましたよ。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-09 19:48:14
コメントありがとうございます!

時計館は、十角館に次いで人気がありますね!
やはりそれまでの館の内容とは一線を画した前代未聞のトリックや、「時の館」から作られる不思議でどこか妖しい世界観が魅力ですよね。

私はゲームに疎いもので、知りませんでした。
館の中に入りたい!というのは、十角館に出会ったときからの長年の願望ですので、頑張って貯金しようと思います。
教えてくださりありがとうございます。
  • 回答No.929-021005
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-11-01 11:38:54
0
祝・奇面館完成。
来年の刊行を前に、どんな館か想像してみましょう。
怪しげな仮面で壁が埋め尽くされた館で、殺人が起きる。死体にはどれも仮面がかぶせられていた…。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-03 18:34:25
コメントありがとうございます!

奇面館が完成したのですか?!
知りませんでした。
教えてくださり本当にありがとうございます!
刊行が今からとても楽しみです♪

怪しげな仮面で埋め尽くされた館・・・
綾辻さんの館は、全て「怪しげ」なところが好きです。
はっきりと不気味だったり悪趣味だったりするのではなくて、
雰囲気で妖しさを感じさせるのが素敵ですよね。

ご一緒に刊行を待ちましょう!
  • 回答No.929-020259
  • Sarahさん Sarah さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-26 09:03:25
0
「館」と冠するtitleはどれも面白いのでかなり悩みました。

好きな作品を1つだけ選ぶのは難しいです。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-03 18:30:03
コメントありがとうございます!

館シリーズはどれもそれぞれの魅力にあふれていますし、選びづらいというお気持ちとても分かります。
一つ一つの館に、妖しげな雰囲気と秘められた美しさがありますよね。
個人的には、暗黒館で、今までの館で積み重なってきた建築家中村青司さんという人の不思議な才能の集大成が見られたと思いますので暗黒館が好きです。
ですが、どの館もミステリーとして本当に面白いと思います。
0
なんと言っても十角館。初読後は友人などに勧めまくってました。できれば何の予備知識も無く読んで欲しい一作です。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-03 18:25:02
コメントありがとうございます!

私も周囲に「これオススメ!すっごくいい!ヤバい!」と訳の分からない勧め方で勧めまくっていました(笑)
館シリーズ初めの一冊であり、綾辻さんの世界への導入編とも言えると思います。
0
私も十角館です♪♪
この本のおかげでミステリーの世界にはまってしまいました。
あれから20年あれ以上の衝撃には出会えてないです。

  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-03 18:22:34
コメントありがとうございます!

十角館の衝撃は大きかったですよね。
私もこの本からミステリーにどっぷりとはまってしまった人間です(笑)
未だに読み返しては、あの爽快なまでのどんでん返しに魅了されています。
  • 回答No.929-019872
  • 司さん さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-10-23 17:06:44
1
 私はやはり初めて読んだ「十角館の殺人」にて心を奪われました。忙しく未だ暗黒館は読めていないのですが…あんなにワクワクして読んだミステリーは久々の様な気がしました。
  • せいるさん せいる さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-11-03 18:20:23
コメントありがとうございます!

やはり十角館は人気ですね。
私も、初めて読んだときのあの感動は忘れられません。
最後の最後で世界が変わる一冊は、これが一番だと思います。
暗黒館も素晴らしいですよ!
館シリーズを全て読まれた後に、集大成としてお読みになることをオススメします。
全17件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする