芥川賞と直木賞

以前、芥川賞と直木賞の過去の受賞作品一覧を見たのですが、読んだことのある作品が思った以上に少なかったので、ちょっと驚きました。
そこで、過去の素晴らしい受賞作品の中でとくにお勧めというものがあったら教えて下さい。
  • 投稿日時 : 2011-03-29 11:59:50
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
直木賞受賞作です。大阪を舞台にした懐かしく不思議な短編集です。
この本を書いた朱川湊人さんに限らず、芥川賞・直木賞受賞作品がその作家さんの最高傑作ではないので、受賞作がいまいちでも他の興味ある作品を読むことをオススメします。
0

直木賞作品です。
文庫化されたときに平積みされていて、なんとなく気になって購入、初めての恋愛小説でした。
恋だ愛だの話というより、人間が描かれている小説だと感じました。
大泣きしました。
その後一時期小池真理子さんの本を読みまくりました(笑)
0

映画化です!
どうってことない雰囲気なのに、不思議とひきつけられるキャラたちです。
0
fujifabricさん同様、私も両賞の受賞作(特に芥川賞)はほとんど未読なのですが、直木賞から2冊と芥川賞から1冊をおすすめします。


  • 回答No.968-08690
  • Mollyさん Molly さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-30 00:26:13
0
直木賞での私のおすすめはこの2冊です。


個人的には芥川賞の本はあまり心に響かないのですが、挙げるとしたらこちら。

  • 回答No.968-08674
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2011-03-29 15:58:03
0
芥川賞は、純文学の新人か無名の作家対象なので、それきり名前をあまりきかないということも中にはありますよね。
大衆文学対象の、既に単行本化された作品から選ばれる直木賞のほうが馴染みはあるかもしれません。
で、結局は好みの問題なのですが
芥川賞受賞
直木賞受賞
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-03-29 16:06:00
ごめんなさい、直木賞は、単行本化されていないものから選ばれることもあるみたいです。
  • FABRICさん FABRIC さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-19 19:29:04
回答有難うございます。
角田光代さんはつい先日『八日目の蝉』を読んだばかりで、もう一冊読んでみたいなと思っていたんですよ。
小川洋子さんは、私が無知なせいで残念ながら知らないのですが、おもしろそうだし、値段もお手頃なので、今度読んでみようと思います。
0

08年に「私の男」で直木賞を受賞した桜庭一樹さんの、「GOSICK」シリーズは、ぜひぜひ読んでいただきたい!
この作品は・・・・読まなきゃ人生損してるよ!っぐらい面白いのです!
全巻とも表紙が可愛いのでご覧あれ♥
私の本棚にも、GOSICK全巻置いてるんで遊びに来てください★んで、気に入って頂けたらフォローお願いします♥
  • FABRICさん FABRIC さんのコメント
  • 投稿日時 : 2011-05-19 19:15:27
回答有難うございます。
桜庭一樹さんは一年程前に『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』を読んで、他の作品も読んでみたいなと思ってました。
この機会に読んでみたいと思います。
全7件中 1 - 7件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする