悪魔の中世 (河出文庫)

3.40
  • (7)
  • (5)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 7
著者 :
ちひさん  未設定  未設定

この本は1961年に雑誌『みづゑ』に連載されていたもので、ずーっと澁澤が出版をためらっていたものである。これが刊行されたのは1979年である。澁澤らしくない文体であると評されるこの本は、私が思うに書斎のダンディーこと澁澤自身が指向したかった悪の真意とは《hypermoral 超道徳》であり、悪そのものではなかったが故に、悪をそのまま額面的に捉えてしまったこの本はバタイユ・バルトルシャイティスを根幹とするうちに翻弄され、自身を見失ったことを『若書き』と評して照れたのかもしれない。

レビュー投稿日
2005年1月20日
本棚登録日
2005年1月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悪魔の中世 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『悪魔の中世 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする