そして、暮らしは共同体になる。

3.63
  • (7)
  • (12)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 27
著者 :
如月さん  未設定  未設定

暮らしについて、最近自分が考えたり悩んだりしている事を鮮やかに言語化してくれています。心地よかったな。

まず、この人は本当は女の人じゃないの?!と作者を二度見して検索かける程に「暮らし」について真剣に向き合い、お料理をして、まあエリートさんなんですが、なるべくフラットな目線で考えていこうと頑張っていらっしゃる訳です。ただ、ゆるゆると繋がり合う仕組みは、口で言う程簡単じゃないし、サイハテのチコさんの言う自律的に動くという事は長きに渡り封建制度の元に生きている日本人には、物凄くハードモードな生き方なんですよね。

でも、新しい生き方を模索して確立した方の話は本当に面白いし、この災害の多い閉鎖的な島国で生きている私達はぼんやり生きていては駄目だし、自分のアタマで考え抜いて生きているのかな?って時々自分に駄目出ししときたいよねって。

うん。そんな本だね。新しい暮らし方を考える本。

レビュー投稿日
2018年4月8日
本棚登録日
2018年4月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『そして、暮らしは共同体になる。』のレビューをもっとみる

『そして、暮らしは共同体になる。』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする