望み

3.94
  • (130)
  • (218)
  • (119)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1243
レビュー : 214
著者 :
国領町さん 小説★★★★★it was amazing   読み終わった 

しずくい しゅうすけ

石川一登(かずと)
妻・貴代美(きよみ)
高校生の息子・規士(ただし)
中学生の娘・雅(みやび)

殺人犯であってほしくないと望めば規士が死んでいることを願っていることになるし、生きていてほしいと願えば彼が人殺しであることを望んでしまう。

一登、貴代美の両方の気持ち分かる
どんな形であっても生きていてほしいと願う貴代美
母親は強いと感じた
小説で泣けるのあんまりないが泣けた

レビュー投稿日
2016年11月30日
読了日
2016年11月29日
本棚登録日
2016年11月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『望み』のレビューをもっとみる

『望み』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『望み』に国領町さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする