電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)

3.51
  • (262)
  • (562)
  • (1145)
  • (48)
  • (5)
本棚登録 : 4404
レビュー : 320
著者 :
彼方さん 小説   読み終わった 

『東口ラーメンライン』Gボーイズを引退したツインタワー兄弟が経営するラーメン屋・七生を妨害する悪意。バイトの小動物少女あずみの秘密。比較的凡庸平和。
『ワルツ・フォー・ベビー』5年前の池袋で死んだ中野のギャング長を悼む父。元嫁と幼い息子、なぞの妊婦。中野ギャングが口を閉ざす、彼の死をめぐる本当のわけ。
『黒いフードの夜』十五歳で売春するサワーのしがらみ。マコトの下した精神的罰に、暴力よりも過酷であると評したキングの言葉は意味深。
『電子の星』SMクラブの解体ビデオに出演した友人の弔い戦で負け犬に昇格する田舎少年。あいかわらずGボーイズの手口があざやか。

レビュー投稿日
2015年4月6日
読了日
2015年3月11日
本棚登録日
2015年2月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『電子の星 池袋ウエストゲートパークIV ...』のレビューをもっとみる

『電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする