人間椅子 (江戸川乱歩文庫)

3.85
  • (118)
  • (114)
  • (165)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 955
レビュー : 97
著者 :
彼方さん 小説   読み終わった 

大正に書かれた作品の、空気の褪せなさは尋常じゃないなあ。凄惨さ、残忍さ、恐怖や狂気のセンセーショナリズムは、現代の感覚では物足りないくらいの触れ幅なのに文句なく引き込まれる。古めかしい言葉なのに有り余る表現力とキャラクター性、簡潔で過不足ない文章が心地よい。人間椅子なんて表題で、どんなスプラッタかと想像してしまったけど、陳腐な想像を裏切る発想たるや。その変質性とありえなさとあり得そうさを生み出してしまう語りが圧巻のキモオモシロイはなし。

レビュー投稿日
2015年11月24日
読了日
2015年7月8日
本棚登録日
2014年11月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人間椅子 (江戸川乱歩文庫)』のレビューをもっとみる

『人間椅子 (江戸川乱歩文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする