国家と教養 (新潮新書)

3.67
  • (20)
  • (45)
  • (23)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 446
レビュー : 41
著者 :
mori800630さん  未設定  読み終わった 

教養を養うことが情緒を育む、教養を持っていたことが日本が完全に植民地化されなかった理由。だから若い人も本を読むべし、との主張。

老人の愚痴に感じる言い回しが気になってしまう。
なお、著者が現代の素晴らしい大衆芸術として例に挙げた 君の名は を自分はそれほど面白いと思えていません。

レビュー投稿日
2019年1月4日
読了日
2019年1月14日
本棚登録日
2019年1月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家と教養 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『国家と教養 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする