竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)

4.14
  • (6)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 8
けいこさん 知的好奇心   読み終わった 

風木が(多分、他の作品も)耽美さや性の多様性、解放というより、あらゆる差別を意識して作られたものだったとは知らなかった。
女性であること、こどもであること…色々な現実の不条理さが作者の中でトグロを巻き、それに少女たちが共鳴する機が熟したこと、必然だったのだと改めて感じる。
では、今はどうなのか。
あのような作品の登場とそれを受け入れる読み手との煌くスパークはあり得るのか。
少女漫画の力は凄まじい。

レビュー投稿日
2020年2月3日
読了日
2020年1月29日
本棚登録日
2020年1月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)』のレビューをもっとみる

『竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする