ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)

3.70
  • (122)
  • (123)
  • (254)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1028
レビュー : 159
0319misaさん  未設定  読み終わった 

自分はゲドの影との戦いを読む以前に、‘少年が人間的成長を遂げる為の闇との対峙’を様々な物語により学ばせてもらっていたかもしれない。
「指輪物語」の主人公フロドが己の弱さに屈してしまうか否かの、長い旅路のなかに。
「千と千尋の神隠し」の千尋が真の名を奪われ隷属させられても尚、家族を守りぬいた強さのなかに。
「鋼の錬金術師」のエドワードが亡き母を甦らせようとして生者を犠牲にしてしまった悔恨のなかに。
それらは全て己との闘いであり、終わりの見えない闇の下進む物語だった。

ゲド戦記がこれらを含むファンタジー史に結果的に多大なる影響を及ぼしたことは間違いないが、素晴らしいのは、どの時代に読まれようともこの伝説的寓話は、私たちの住まうこの世界の何処かに、生々しく立ち上がってくることだ。
ゲドやカラスノエンドウの意志のちから、オジオンの言葉にはじまり、大賢人たちの思慮深さ、ヒスイの狡猾さ。他人を欺く行為の醜さが教えてくれることは、この先歳を重ねても忘れられない実感を伴って迫ってくる。

レビュー投稿日
2013年4月5日
読了日
2013年4月5日
本棚登録日
2013年3月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー...』のレビューをもっとみる

『ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする