模倣犯(五) (新潮文庫)

3.95
  • (682)
  • (672)
  • (676)
  • (37)
  • (11)
本棚登録 : 5189
レビュー : 419
著者 :
れいちぇるさん  未設定  読み終わった 

昔ドラマで見たものの内容はすっかり忘れてしまい、原作は評価が高いものの長編すぎて手を出せずにいたが、この年末年始にゆっくり読もうと試みた。
つもりが、続きが気になってどんどん読み進めてしまった。
4~5巻は特に。
これは大作。読み応えあり。

有馬義男の実直な人柄に惹かれ、
言葉はとても印象的で毎回胸打たれ涙した。
被害者である孫娘と霊安室で対面するシーンは胸が詰まる。

もし加害者側の身内だとしたら、自分には何が出来るのだろう。
もし冤罪だとしたら、証明する為にどれだけの事が出来るのだろう。
どれだけの真実が埋もれてしまっているのだろう。

【人殺しが酷いのは被害者を殺すだけじゃなくて残ったまわりの人間をもじわじわ殺してゆく】
犯人が逮捕された事でひとつの区切りにはなるかもしれないが、残された遺族は日常と家族を奪われ、終わらない悲しみと苦しみを落としていく。

レビュー投稿日
2019年1月15日
読了日
2018年12月31日
本棚登録日
2018年12月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『模倣犯(五) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『模倣犯(五) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする