ユニクロ

著者 :
  • 日経BP (2024年4月4日発売)
4.56
  • (53)
  • (17)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 848
感想 : 34
4

ユニクロの本は、柳井さんの本も、ブラック企業の話題の潜入本も読んできて、そこそこ面白かった。
いまさらかいな?と思いながらも、書店にたくさん並んでいるので手に取ったら、やはり面白かった。
過去の書籍に記載されている内容に触れ、時間が経っているからこそストレートな物言いで振り返られる場面。
現在進行形で、最近までの経緯など。

思えば、消費者に密着しているからこそ、自分にもいくつかの思い出がある。
高校生のとき、感度の高いYくんが、ユニクロのフリースがすごいと話題にしていたっけ。その頃の自分はフリースなんて知らなかったし、何がすごいのかも分からなかった。
そのあと、ユニクロが伸びて行った頃に、こんなんブームだからすぐ廃れると言っていたFくんのコメント。
ユニバレという言葉が出てくるもっと前だった。
最近は、若い女性社員に、Hさんの服は全部ユニクロですか?と聞かれた。
昔、ある時期であったら悪口のようなものだったように思うけど、今の若い人たちはそんな感じでもないのかな、とふとおもう。そして、実際に今もユニクロの服を着ている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年4月28日
読了日 : 2024年4月28日
本棚登録日 : 2024年4月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする