映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験 (視覚文化叢書)

4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
著者 :
じわさん  未設定  読み終わった 

映画とそれ以外のメディアの関わりの研究ということで、研究方法やメディアを単体でなく全体としてみる考え方、勉強になった

主に戦前の映画館のプログラム(広告)に焦点をあてて、時代ごとに解説というかんじ

なんか、事前にネタバレみて映画行くっていうの、どうなの?みたいな話、最近あるけど
なんだ戦前からそういう文化あったのね

他の国はどうなんだろ?

レビュー投稿日
2020年11月18日
読了日
2020年11月18日
本棚登録日
2020年11月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「...』のレビューをもっとみる

『映画館と観客のメディア論 戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験 (視覚文化叢書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする