中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

3.86
  • (10)
  • (18)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 236
レビュー : 26
著者 :
KENさん  未設定  読み終わった 

心は天気と一緒だ、快晴もあれば、大雨もある。
だから誰もが強いとか弱いとかそんなものはない。
みんな強い時もあるし、弱い時もある。
それを知ることが大切。

人間誰しもネガティブになるさ、ちょっと休んでおくか。
くらいの気持ち
精神的にネガティブな時はよく食べ、よく眠る。この二つを徹底してあげる。
真似て学んで、成長する。

カッコつけず、なりふり構わない、そんなナルシストに女神は微笑むのかもしれない

まずは自分が強くなり、それから人に優しく。力を誇示しようとはしない。そうすると組織ができてくる。

世代間ギャップは埋めようがない。
異なる価値観は聞き流す。
誠実に生きるとか、殺人、戦争はいけないとか、普遍的なことさえ見誤らなければいい。

気が落ちたり、凹んだりした時は空を見て背筋を正す。
そうすると、身体が伸び、気持ちもかるくなる。
まさに心身相関が大切。
悲しいから泣くこともあるだろうけど、ただ泣けば泣くほど悲しい気持ちになっていったりもする。けっこう気持ちは後からついてくるもの。
挫けそうになったときは、まだやれることがある!
腹が立つことがあった時は、まぁ大したことじゃない!
ピンチの時に使える言葉の選択肢を持っておく

副業が認められるようになれば副業をやってみる
失敗はチャレンジする人の特権

自分を成長させるのは具体的な指摘のみ。ただの批判や指摘は無視

ギブアンドテイクではなく、ギブギブギブの精神で生きる。
1番たくさん与えられた人が1番多く得られる。

成功談よりも失敗談の方が食いつきが良く緊張させにくい
持たない、捨てる、で軽やかに生きる

褒められようとして中途半端になるのはだめ。
不足による失敗はダメだけど、過剰による失敗は良い。

お前はこういうやつだと言わない。
決めつけは相手の可能性を折る。

良い緊張は準備してきた分うまくできるかというもの。
悪い緊張はなにも準備してきてないどうしようというもの。

気づきは全てメモ。
休むのが下手な人は仕事も下手。
クオリティを落とさないようにサボれる時はサボる。
サボる中でアイデアが生まれる。

自分のことを知るためには学びが不可欠。
幸福の条件って人それぞれなのに、それを忘れる人があまりにも多い。
今この瞬間を楽しむ、それが幸福につながってきたりする。

論理的であることと、感情的であることは矛盾しない。
なんとなく、を大切にする。
直感はあなたが本当になりたいものを知っている。それ以外は二の次だ。スティーブ・ジョブズの言葉。
直感はいつでも正しい。

正しさなんてコロコロ変わってしまう。
ただ正論を振りかざしたり、正しさにこだわるのは意味のないこと。

諦めてもいい、でも自分自身だけは諦めちゃいけない。

レビュー投稿日
2019年10月9日
読了日
2019年10月9日
本棚登録日
2019年10月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生...』のレビューをもっとみる

『中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする