覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

3.87
  • (192)
  • (205)
  • (164)
  • (37)
  • (12)
本棚登録 : 2665
レビュー : 243
制作 : 池田貴将 
KENさん  未設定  読み終わった 

自分の心がそうせよと叫ぶなら、それに従うべき
逆境には礼を言う…鉄は何度も暑い日の中入れられて、何度も硬い金槌でたたかれて、初めて名剣に仕上がる
うまくいかないときは、まずは自分はどうあるべきかを考える
自分という人間を鍛えることに集中して、全力を出しきるから、あとは天命にお任せする、それくらいの気持ちが大切
見返りを求めず、ただその人に尽くす、それが信頼への近道
ほとんどの物事はできないのではなく、まだやってないだけ
物事を損得で考えるのではなく、全力を出せたかどうかが大切
人との約束を破ることよりも、自分との約束を破る方がいけない
自分のことを客観的に見ること
聖人は何にもこだわりを持たない
上に立つものに対して、部下が意見を言えなくなったら終わり、今すぐ思っていることを言え、じゃないとやめさせるぞくらいの勢いで臨む
本当に知恵のある人は、人に質問することを好む
勝ち続けるには、学び続けること

レビュー投稿日
2018年9月13日
読了日
2018年9月11日
本棚登録日
2018年9月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanc...』のレビューをもっとみる

『覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする