継母の連れ子が元カノだった7 もう少しだけこのままで (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2021年7月30日発売)
4.10
  • (14)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 198
感想 : 7

生徒会書記となった結女視点のエピソードが多かった今回ですね。水斗を想う彼女の何とも「残念」なところが逆に光っていて、まさに「ザ・ラブコメ」と言える今回だったと思います。いさなと水斗との距離感がますます縮まっているように思いますが、そこにすっと割って入れる結女が何と強くなったことか。「返して」にはゾクゾクきました。生徒会の新キャラの蘭と愛沙も個性的で魅力的。今後彼女たちがどう絡んでくるのか楽しみです。さて、結女は生徒会で突き進む一方、水斗はこれから何を目指していくのか。それがこれから注目したい点ですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年11月3日
読了日 : 2021年7月31日
本棚登録日 : 2022年11月3日

みんなの感想をみる

ツイートする