氷の国のアマリリス (電撃文庫)

3.77
  • (17)
  • (25)
  • (17)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 227
レビュー : 25
著者 :
きおなやたさん 電撃文庫   読み終わった 

ここは地下にある閉ざされた氷の世界。
そこには人間達が眠る施設を守るロボット達が住み、生活していた。

しかしある日、偶然発見された部屋の中にあった1枚の映像を見て、彼らは人間達を生かすか殺すかの選択を迫られることに。

これはロボット達の「生き方」が描かれた物語。


毎度のことですが本当に読みやすい作品です。

キャラもそれぞれ個性的で、役割がはっきりしている感じです。

ロボット達の身近な生活が見れ、彼らの思いや苦悩が細かく描かれていて個人的に好きな作品でした。

レビュー投稿日
2013年5月29日
読了日
2013年5月29日
本棚登録日
2013年5月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『氷の国のアマリリス (電撃文庫)』のレビューをもっとみる

『氷の国のアマリリス (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『氷の国のアマリリス (電撃文庫)』にきおなやたさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする