ミンのあたらしい名前

  • 講談社 (2011年2月26日発売)
4.33
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
5

久しぶりに心から満足のできる本に出会いました。素直に読めて、心温まる物語でした。ミンは4度も里親を代えた孤児。そのためどこか希望を捨てて人に対して心を閉ざしてしまっていました。そんな時に出会ったジェシカ先生。彼女はミンの気持ちがわかるようです。次第にミンも心を開き始めます・・・ミンが温かい大人や友人に出会い、少しずつ(本当に少しずつ)変わっていく様子が丁寧に描かれていきます。表紙で抱いている子犬もミンに大きな変化をもたらします。そして「ミンのあたらしい名前」とは?読み終えたとき、表紙に向かって声をかけたくなるくらい彼女に気持ちが寄り添っていました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: YA
感想投稿日 : 2011年10月28日
読了日 : 2011年10月28日
本棚登録日 : 2011年10月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする