鈍な会社を俊敏企業に蘇らせる

  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2000年11月1日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 3
5

2000年に出版されたとは思えないほど、A Iなど時代を先取りしていて、その先見性に驚きです。この本を読んで実践できていれば東芝の原発事業の失敗はなかったのではと思います。

「マインド志向組織」に徹して、未来だけを見据え、目的を達成するためのプロセスに心を砕くき、「未来を現在に引き入れる」

「ずっとこの方法でやってきたから」というセリフは、ビジネスのやり方には無頓着だと宣言しているに等しい

「何事も最適バランスで」全体を犠牲にして特定部分の利益だけを追い求めるという極端な行動を避ける

「黄金の中庸」全体と部分のバランスを取る理想的な状態

アリストテレスの善行を導く手本
「良好な人物はいつも中庸を求めるものであり、どちらかの極端に行きすぎたり誇張したりすることを避けようとする」
傲慢でもなければ卑下することもない
優れてもいず劣ってるとも思わない
⇨成熟した心の持ち主

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年12月12日
読了日 : 2018年12月12日
本棚登録日 : 2018年11月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする