平面いぬ。 (集英社文庫)

3.53
  • (661)
  • (932)
  • (2289)
  • (109)
  • (15)
本棚登録 : 8223
レビュー : 725
著者 :
さん  未設定  読み終わった 

何でかわからないけど、無意識に何度も読み返す本あるじゃないですか。
私にとってはこの本がそれに該当するわ

初めて読んだのは中二でそれから、何度も読み返してる。
何故だかわからない
「うわー面白い!」とかではなく なのに読み返したくなる

全ての物語からは登場人物の息づかいやご飯の味、空気感が読むたびにたしかに感じる。
なかでもブルーでは、手に布の感触さえ感じる。いや本当に
嘘だと思うだろうけどこの本読むたびに思うのよ、本なのにね

もしかしたらそこに、何度も読み返す中毒性があるのかな。
根本をたどれば「かもめ食堂」とかほのぼのとした本が好きになったのはこの本のせいかも。

結局はなにが言いたいのかと。
私にとってこの本は一生大切にする本だという事です。


あとホラーじゃないよ。

レビュー投稿日
2019年8月22日
読了日
2019年8月21日
本棚登録日
2019年8月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『平面いぬ。 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『平面いぬ。 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする