風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

3.87
  • (869)
  • (546)
  • (1146)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 4928
レビュー : 297
著者 :
制作 : 山田 章博 
とろマルさん ファンタジー   読み終わった 

 十二国記シリーズ2作目は前作の『月の影 影の海』から少し前の時代の物語。前作の主人公・陽子と同じく、十二国の世界で生まれるはずが日本で生を受けてしまった戴国の麒麟・泰麒が主人公となる。

 無事連れ戻された泰麒であったが本人に麒麟であるという自覚はなく、姿を変化させたり、使い魔(使令)を従えるといった、麒麟なら当たり前にできることができない。女怪や女仙に世話をされながら何不自由なく暮らす泰麒だが、戴国の王を選ぶという運命を前にして、果たして正しく選ぶことができるのかと大きな不安を抱えていた。そんななか泰麒は、彼こそ次代の王と目される男、驍宋に出会うのだった。

 前作の陽子よりもさらに幼い泰麒が自らの責任に向かい合う様は、読んでいてつらくもあり同時に勇気づけられる。

 先日発表された最新作『白銀の墟 玄の月』の表紙には成長した泰麒の姿が描かれていた。ここから長く続くであろう泰麒の物語の始まりとして心躍るものだった。

レビュー投稿日
2019年9月4日
読了日
2019年8月18日
本棚登録日
2019年9月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談...』のレビューをもっとみる

『風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)』にとろマルさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする