ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

4.14
  • (36)
  • (38)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :391
  • レビュー :40
著者 : 萩尾望都
メイプルマフィンさん コミック   読み終わった 

本誌のflowersで全話読んでいたにもかかわらず、今回のコミックス発売が楽しみでしょうがなかった。そして、改めてまとまった一冊を読んでみて、クォリティの高さとストーリーの重厚さをひしひしと感じたのだった。
雑誌で1話目を読んだときは、「ポー」新作というより「萩尾望都」作品の新作という印象が強かったのだけど、新キャラが何人も登場して話がどんどん広がっていく一方で、エドガーやアランに昔の面影を感じられるようになっていき、場面によってはエドガーの横顔の美しさに「あ、懐かしい、この感じ…!」と一瞬ドキリとすることもあった。
第二次世界大戦下というシビアな現実や登場人物の不気味な行動…骨太なストーリー展開はさすが、萩尾先生のこれまでの軌跡を彷彿とさせられる。「エッグ・スタンド」をちょっと思い出した。中性的キャラもまた萩尾作品おなじみだし。大老ポーなど懐かしいキャラクターが登場する一方で、ちょっと中性的な紅ルーシ出身の吸血鬼(ヴァンピール)ファルカの登場、レイ(妖精の鎖)ラインなど、ヨーロッパの歴史についても詳しく調べて作品に反映させているのだなということが窺える。
70年代ポーの儚さも好きだけど、今回のポーのずっしりとした感じも読みごたえがあって、決して別物ではなく地続きだということが今回よくわかって嬉しかった。今後の展開が本当に楽しみだ。

レビュー投稿日
2017年7月16日
読了日
2017年7月16日
本棚登録日
2017年7月10日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミッ...』のレビューをもっとみる

『ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする