あの家に暮らす四人の女

3.47
  • (106)
  • (354)
  • (422)
  • (84)
  • (10)
本棚登録 : 2484
レビュー : 410
著者 :
メイプルマフィンさん 日本の作家   読み終わった 

谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品、現代版「細雪」との帯文句により、あまりにも先入観持ちすぎて全体に漂うユルさに拍子抜けしたというのが正直なところだが、古い洋館に同居する4人の女たちのキャラがなかなかよかった。バツイチの母:鶴代に独身の刺繍作家の娘:佐知、佐知の友人:雪乃に雪乃の職場の後輩:多恵美。それぞれの小さな悩みや迷い、将来への漠然とした不安に苛まれながらも、さり気なくユーモラスな描写がいい具合に脱力させてくれる。そのバランス感覚がさすがだな。親子+居候の何とも不思議な共同体だけど、どこかのほほんとしていて、何だかんだありつつも仲のいい4人のやり取りに和む。
ただ、語り手が唐突に非現実な存在に替わるところが…正直戸惑いました。ある意味挑戦だったとは思うけど…。若干のハチャメチャ感はあったものの、後半はなかなか面白く読めた。好みが分かれそうかなという気はするけれど、しをんさんだから成立する世界観だなと思いました。

レビュー投稿日
2016年1月31日
読了日
2016年1月31日
本棚登録日
2016年1月31日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あの家に暮らす四人の女』のレビューをもっとみる

『あの家に暮らす四人の女』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする