満月珈琲店の星詠み (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋 (2020年7月8日発売)
3.65
  • (40)
  • (64)
  • (81)
  • (14)
  • (0)
本棚登録 : 737
感想 : 82
4

小説家・望月麻衣さんとイラストレーターの桜田千尋さんとのコラボレーションの作品です。
桜田千尋さんの美しく美味しそうな満月珈琲店のメニューのイラストと望月麻衣さんの心温まるストーリーがマッチしています。

昔はよく雑誌に星占いコーナーがあって、星座ごとの『今月の運勢』を読んでいたような気がします。なんとなく興味があった分野です。当時は結城モイラ先生、ルネ・ヴァンダール・渡辺先生、
鏡リュウジ先生らがご活躍だったような(名前が間違っていたらごめんなさい)。
今はあまり星占いコーナーは読まないのですが、星占いは結構奥が深くて、自分の生まれた時点のホロスコープを作成しなくてはならないなどの知識はありました。星占いというよりは占星術ですね。

この本を読んで、すごくわかりやすく解説しているなあ、と感心しました。

あとがきで
『二〇一三年の時点では、受賞が嬉しく、『星ってすごい。しっかり占星術の勉強をしよう』と、まずは独学で勉強を始めました。ですが、独学では分からないことも多く、二〇一五年から占星術講師の元で学ぶようになりました。  勉強をスタートして三年くらい経った二〇一六年頃に、一度、占星術をモチーフに作品を書いてみたいと思ったのです』
とあります。望月麻衣さんは、星の流れを意識したことで、どんどん開運していったとのこと。
だから、物語に説得力があるんだと思いました。

最後はじんわりとした温かさに包まれました。
ピアノ、猫、老ピアニスト。
猫とピアノが一緒に出てくる動画をよく見ますが、猫とピアノって素敵な取り合わせだと思います。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説 国内 女性作家
感想投稿日 : 2023年12月17日
読了日 : 2023年12月4日
本棚登録日 : 2023年12月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする