初夜 (新潮クレスト・ブックス)

3.64
  • (22)
  • (50)
  • (49)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 524
レビュー : 61
制作 : 村松 潔 
10fumiko24さん 外国文学   読み終わった 

読んでいる途中、胸が痛くて痛くて辛かった。数時間前に結婚したばかりのエドワードとフローレンスがホテルの部屋で夕食をとっているシーンから始まる。幸福の絶頂のはずの二人だが、性的な事に奥手で、それぞれ初めての経験に向けての不安、怯えでいっぱいだった。互いに相手を生真面目に思いやって自分の欲望や本心を必死で抑え込もうとする二人が、どんな初夜を迎えるのか。あまりにもプライベートな部分を覗き見するようで後ろめたくもあり、ある意味私たち自身と変わらない、平凡でありきたりな悩みに苦しむ二人に幸せになってもらいたいと応援するような気持ちにもなる。悲劇的な出来事の後、彼らがパニックにならずに互いに思いやりを持てれば結末は違っていただろうが、あまりにも若く真摯なこの二人にそんな行動は無理だったのだろう。この作者の作品は、読むといつも胸がざわついて落ち着かなくなるし忘れられなくなる。すごい作家だな。

レビュー投稿日
2019年10月4日
読了日
2019年10月4日
本棚登録日
2019年10月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『初夜 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューをもっとみる

『初夜 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする