パイナップルの彼方 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2022年1月21日発売)
3.80
  • (25)
  • (71)
  • (48)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 760
感想 : 50
5

「自転しながら公転する」が良かったので、無性に山本作品が読みたくなり再読しました。
20年以上前に読んでいるのに、ストーリー
をほとんど覚えていないことにびっくりでした。
信用金庫という地味な職場の普通のOLの主人公の職場の先輩や後輩、友人や恋人とのお話です。
難しい先輩ともうまくやっていた平穏な職場に新人の女の子が配属されたところから、何かが変わり始めて、主人公がトラブルに巻き込まれていきます。
女の嫉妬は怖いと改めて実感しました。
主人公を陥れようと、不正を上司に告げ口する後輩に本気で腹がたちました。
やっはり山本さんは普通の女の子や人を書くのが本当にうまいてす。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年12月31日
読了日 : 2021年12月24日
本棚登録日 : 2021年12月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする