読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 観たい
読書状況 読みたい

読書状況 観終わった [2018年2月17日]

読書状況 観終わった [2018年2月17日]

読書状況 観終わった [2018年2月17日]
読書状況 読みたい

三四郎・相田さんのお家が見たくて購入。
とってもおしゃれで、「香川真司選手も使っている20万円のベッド」も見れて満足。

有名人の私服やスニーカー特集、くっきーの連載も楽しかった。
メンズファッション誌も、意外と面白い!

2018年2月14日

読書状況 読み終わった [2018年2月14日]
読書状況 読みたい

昨年も購入し何度も読み返した特集が今年も帰ってきた。

バカリズム、森山未來、古市憲寿、村田沙耶香、能町みね子、ハリウッドザコシショウ、富澤たけし…
と、わたしの考え方に影響を与えてくれた大好きな人たちの「二十歳のころ」。

数年前のわたしのハタチは、なんにもなくただただ過ぎて行ったように思うけど、もう少し経ったら、こんなふうに語ったりできるようになるのかな。

2018年2月14日

読書状況 読み終わった [2018年2月14日]
読書状況 読みたい

一見、偏見にも見える想像力に脱帽。

「いそう!」「わかる!」
と、つい唸ってしまう。

雑誌を読むのが好きなわたしは、ダ・ヴィンチさんとvikkaさんのあいだくらい。
カバーをはずしてもかわいい。凝ったデザインもさすがです。
あとがきから雑誌愛を感じました。

2018年2月18日

読書状況 読み終わった [2018年2月18日]
読書状況 読みたい
読書状況 読み終わった [2017年12月22日]

最近とても近しいひとが死んだ。
現実を受け入れられず仕事に戻れないいま、ふと立ち寄った書店でこの本を手に取り、読んだ。

内容は平野啓一郎氏の分人主義がもとになっている。
分人主義については、平野氏の著書『私とは何か』や、『ご本、出しときますね』などで触れていた。
大谷さんとの対話形式で書かれているため、とても読みやすい。

この本を読んで思ったことは、「誰かが死ぬことは、その人と接していたときの自分の分人も死ぬことを意味する」ということだ。
その人がいなくなることだけでなく、その人といることであらわれる自分がいなくなることもまた、辛い。

死ぬってなんだろう、人ってなんだろう、と向かい合えた。

2017年12月22日

読書状況 読み終わった [2017年12月22日]

読書状況 読み終わった [2017年12月20日]
ツイートする