こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)

3.65
  • (33)
  • (45)
  • (82)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 497
レビュー : 35
N.5hoさん お勧め   読み終わった 

心理療法家・河合隼雄の対談集。
遠藤周作、多田富雄との対談がじつに興味深かった。
多田の『免疫の意味論』はぜひ読んでみたい。


とくに目を引いたのが、多田富雄(免疫学者)との対談の中で、多田が、”電力会社のコントロールシステムは実によくプログラムされている。が、しかし、夏に電力消費が突然上がると、どうしようもなくなる。完全にプログラムされたシステムは、危機状態、つまり、”想定外”の前では脆弱だ”という指摘をしていた箇所。今の日本の話ではないか! 
多田の発言に続く、河合の発言がさらにいまの状況そのままを捉えている。
『ああいう時の弁解はいつも決まっていまして、あらゆる状況を想定してつくっておったけれども、思いがけないことが起きましたって(中略)人間が頭で考えるあらゆる状況でないものが起こることによって、バランスがとられていることが実際に人間の身体のなかでずっと起こっているんですよね』

想定外なんて、宇宙の中の地球に生きている以上、必ず起こる。完全・完璧なシステムなんて、この世にはありえない。人間の知っていることなんて、いくらもない。最も身近な、わたしたちの身体の中でさえも、いまだに不可思議で満ち溢れているのだから。
その不可思議で、不安定で、予測できない中で、これまでもわたしたちは生きのびてきて、これからも生きていくのだ。


ここでの免疫の話では、人間のコントロールできない(それも自分の身体のなかの!)仕組みの話をしていて、わたしたちの身体は「完璧にコントロール」されているわけではなく、むしろその時の条件に対して、反応しており、一見、何の備えもない「危うい」状態のようだけれども、そのあやふやな感じが、危機的状況には好都合である、ということ。

備えあれば憂いなし、というが、逆に、ガチガチに備えてしまうことで、自らの逃げ場を無くしてしまうこともありうる、身動きしづらくなることもある。3年後、5年後、10年後……自分の将来設計をばっちり決めて、その通りに生きるのだと決めてしまった人がある日突然、病気になる。今回のような自然災害に見舞われる。現実に、そういう事態が起こっているなかで、「あいまい」になる、良い意味でいい加減になる、というのは、大切な力になってくる。

****

河合隼雄の話によくでてくるのが、人は「自分が生きていくための物語(ストーリー)」を持っている、必要としている、ということ。心理療法家の仕事は、患者のストーリーをつくっていくことだといっている。最初は朧気に、次第に着実に、物語をつくる、ということの意味がわかりかけてきた。


覚えておきたいキーワード:自己・非自己の境界、”十歳”、物語、細胞の自殺

レビュー投稿日
2011年4月16日
読了日
2011年4月14日
本棚登録日
2011年4月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮...』のレビューをもっとみる

『こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)』にN.5hoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする