トラウマ文学館 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房 (2019年2月8日発売)
3.37
  • (4)
  • (10)
  • (11)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 213
感想 : 18

頭木さん編集2冊目。「元気なときにお読みください」とあとがきにあってももう読んじゃった‥どれも強烈だが比較的好きなのは原民喜、フィリップ・K・ディック、筒井康隆。直野祥子、李清俊、フラナリー・オコナーは印象に残る。深沢七郎は苦手。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年6月29日
読了日 : 2021年6月29日
本棚登録日 : 2021年6月29日

みんなの感想をみる

コメント 2件

5552さんのコメント
2021/07/04

111108さん、こんばんは

まず、謝らねばなりません。
実はこの本、まだ読んでないんです。積読本なんです。
読んでないのに勢いで薦めてしまい申し訳ありませんでした。

星新一は『ひきこもり図書館』にも入ってましたね。印象に残るものが多いんでしょうか。
原民喜はまだ読んだことありませんが、気になっています。

読んでくださり、ありがとうございました。

111108さんのコメント
2021/07/04

5552さん、気がつかずお返事遅くなりごめんなさい!

さっきコメント欄見てたらあれれ⁇5552さんは⁇と思ったんです(笑)
でも積読本でもおすすめしてもらうのは嬉しい事ですよ。

星新一や筒井康隆はカラッとした怖さで私的には大丈夫でした。原民喜はちょうど穂村さんの本でも紹介されていて読みたかったのでよかったです。優しいお話です。直野祥子さんと深沢七郎は‥正にトラウマになりそう。

ツイートする