結婚式のメンバー (新潮文庫)

3.64
  • (23)
  • (40)
  • (28)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 522
レビュー : 62
制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
つづきさん 小説(海外)   読み終わった 

自分はなんのグループにも所属しておらず、なんのメンバーでもない。自分は世界のどこにも含まれていない。
そう思い悩む12歳の少女フランキーの、むせ返るような緑色で灰色の"気の触れた"ひと夏の物語。
村上春樹も絶賛しているように、多感で孤独で早熟な少女のみずみずしい感情をすくいあげた小説でした。そう、文芸的に優れているというだけでなく、何か特別でとんでもないものが飛んできたかのような、特別な種類の鮮やかさがある。
南部アメリカの片田舎で、冴えない父とのろまな従弟と黒人の女料理人と、灰色のけだるい午後の台所が自分のすべてで、どこにもいけない閉塞感に焦燥と苛立ちを募らせ、押しつぶされそうになっているフランキー。毛を逆立て全身を尖らせるその姿があまりにも可哀想で、愛おしくて、かつての私をみつけてしまって、たまらず抱きしめてあげたくなった。「大丈夫よ」と背中をさすってあげたくなった。

好きな場面、好きなセリフがたくさんある。
p49 春の朝とても早い時刻、これまで気にも留めなかったなにげない風景がフランキーを傷つけるようになった。アイデンティティーを見失いだす過程。
p192 気怠く長い午後のおしまい頃に台所のテーブルで無節操に繰り広げられる「聖なる主にして神」の世界。
p220-244 フランキーの叫び。「世界中を飛び回るの!ひとつの場所に留まったりしない!世界中を巡り歩くの!それが絶対間違いないところよ、もう、なんたって!」「わたしたちは世界全体のメンバーになるのよ!もう、なんたって!」私はほとんど泣きそうだった。
p309 結婚式がおわったあとの現実。「自分を変えてくれる」と信じていたものからあっけなく裏切られる。結局のところ、他でもなく今いる場所こそが、空想ではない彼女のすべてなのだ。

出口のみえない真っ暗なトンネル。私もかつてそこを歩いてきた。12歳の、ちっぽけな少女だった。
でも完全に通り抜けたわけではないのだ。作者であるカーソン・マッカラーズが考えるのと同じように、未だ継続した物語として続いている。当時の自分を忘れたくないし、「そういう時期もあったわね」「みんなが通る道よ」なんて退屈な大人のように軽率でデリカシーのない言葉ではとてもまとめたくない。

レビュー投稿日
2018年3月30日
読了日
2018年3月29日
本棚登録日
2018年3月29日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『結婚式のメンバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『結婚式のメンバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする