出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

3.99
  • (164)
  • (233)
  • (118)
  • (19)
  • (5)
本棚登録 : 2624
レビュー : 266
著者 :
つづきさん  未設定  読み終わった 

タイトルそのまんま。
夫との関係がうまくいかなくなって別居して、大好きだったヴィレヴァンでの仕事も路線が合わなくなり行き詰まり……。
そんなときに天啓のようにみつけたのが出会い系サイト。
私はてっきり、セックス後にその人への一冊を考えて薦めるみたいな感じだと思っていたのですが全然健全でした。
サイト内の登録者と30分ぐらいカフェでお茶して話しましょう、というコンセプトらしいです。
その30分で出会った相手を知りその人に合いそうな本を薦める、という。めっちゃ楽しそう。
私も本を読んではすぐ「この本あの人に読ませたい!」とか「あの人絶対にこの本好きだと思う!」とか考えちゃうタチなので、とても興味深く読めました。
この著者が店長をしている日比谷コテージには何度も行っていて、行くたびに選書と陳列が素晴らしいなぁといつも感嘆していたのですが、その秘訣がすこし分かった気がします。
本は人と人をつなぐ架け橋になると、薦められた本はだれかにとってのお守りになると、本にはそうした力があると、私も信じています。
読書家もそうでない人も、本を介せばみんな少しだけ無防備になって寄り添えることができる。

停滞する漫然とした日々に気が滅入っているところだったのですが、読んだ後すごく前向きになれました。
なんでもいいから仕掛けてやろう!行動してやろう!自由にもっと飛び出してみよう!とやる気が満ちてくるのを感じます。

レビュー投稿日
2018年7月12日
読了日
2018年7月12日
本棚登録日
2018年7月12日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその...』のレビューをもっとみる

『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする